So-net無料ブログ作成
検索選択
-  |  次の10件 »

高野山・奥の院  紀伊半島旅行-11 (和歌山県 伊都郡 高野町)

「高野山・奥の院」の紹介です。’16年9月22日(木)から24日(土)まで2泊3日で相方とツアーを利用して紀伊半島に旅行に行った時の最終日3日目の紹介となり、前回の「谷瀬(たにぜ)の吊り橋 紀伊半島旅行-10 (奈良県 十津川村)」からの続きとなります。
「谷瀬(たにぜ)の吊り橋」を後にして、今回のツアーの最終訪問地である「高野山・奥の院」に到着です。
高野山は真言宗の総本山で、数多くの歴史上の人物や全国の藩主・大名の墓や供養塔がある場所が「奥の院」となります。
昨年(’15年)が開創1200年となり、それを記念して様々な行事が行われたそうです。

高野山・奥の院

訪れた日はあいにくの雨模様でまた、御廟橋(ごびょうばし)より先は写真撮影が禁止となっていますので、あまり写真を撮る事は出来ませんでした。

高野山・奥の院

朝のうちは雨降りではなかったそうで、傘を持たずに歩かれている方もそこそこいらっしゃいました。

高野山・奥の院

高野山・奥の院

「一の橋」の入口から「御廟(ごびょう)」まで続く参道は約2kmあるそうで、その両側には多くのお墓や供養塔が立ち並んでいてその数の多さ立派さには圧倒されました。
このお墓は徳川家康の次男で越前北ノ庄藩初代藩主の結城 秀康(ゆうき ひでやす)となります。

高野山・奥の院 結城 秀康


昨年('15年)の開創1200年を記念する事業として再建された壇上伽藍の中門です。天保14(1843)年に焼失したので172年ぶりに再建されたことになります。

高野山 奥の院 壇上伽藍の中門

「高野山・奥の院」を後にして新幹線で東京に戻るために名古屋駅に向かいました。名古屋駅までは直線距離でも約150Kmあり、全区間を高速道路の利用ができるわけではないので、ツアーバスでの移動時間は約4時間かかりました。
途中、「名阪上野ドライブイン」でお手洗い休憩をしました。

名阪上野ドライブイン

三重県 伊賀市は伊賀流忍者のふるさと、また松尾芭蕉の出身地として知られる場所です。

名阪上野ドライブイン

三重県は「松阪牛」が有名ですが「伊賀牛」も同じく三重県のブランド牛とのことです。

名阪上野ドライブイン

名古屋駅に到着です。

名古屋駅

新幹線の中で飲食するものを購入しました。「盛田株式会社」の「吟醸 花風月」です。

吟醸 花風月 盛田株式会社

「盛田株式会社」はソニーの創業者・盛田昭夫さんの実家となります。

吟醸 花風月 盛田株式会社

名古屋らしい食材を購入して新幹線で頂きました。「金しゃちビール」も「盛田株式会社」の関連会社の「盛田金しゃちビール株式会社」のものとなります。

盛田金しゃちビール

みそ串カツ、鳥の手羽、天むすなど名古屋の名物を頂きながら東京まで戻りました。

みそ串カツ 鳥の手羽 天むす

「高野山・奥の院」で購入したお守りです。昨年('16年)の 「高野山開創1200年」に限定で販売されたお守りがあるそうなのですが、それの人気が高かったため、本年('16年)限定で改めて販売されているとの事でした。「高野山開創1200年」の限定品は長方形となりますので、全く同じ物ではないですが、限定品に弱い私はこれをお土産にすることにしました。
写真にはないですが、「角濱」さんの「ごま豆腐」もお土産に購入いたしました。

高野山・奥の院 限定お守り


COACH(コーチ)のキーホルダー


実は今回の旅行中に自宅の鍵を落とすという大失敗をしてしまいました。 結果的には鍵は無事戻ったのですが、以下のような顛末となります。

鍵が無いのに気がついたは初日のホテルに着き、部屋で着替えている時でした。いつもズボンのポケットにいれているはずの鍵が無かったのです。
相方と記憶をたどると、出発時に自宅の鍵をかけたのは相方が相方の鍵を使ってかけました。このことは私も相方もハッキリと覚えていたので、私が自分の鍵を自宅に忘れていた可能性も考えられました。

旅行中に鍵を落としたことを考えるのは精神衛生上も良くないので自分の鍵は自宅に忘れたと言うことにしました。一応、ホテルに落とし物が無いかも確認しましたが無いとのことでした。 また、ツアーバスも3日間同じでそのような落とし物はなかったのでバスの中に落とした可能性もないことになりました。

自宅に戻り真っ先に鍵を探しましたが見つからず、旅行中に落としたことは確実になりました。しかし、戻った日は夜も遅かったのでその日は出発日の記憶をたどりながら休みました。

翌朝、利用した鉄道会社に問い合わせをすることにしました。 東京メトロ(地下鉄)で地元の駅から東京駅に向かい、東京駅から東海道新幹線(JR東海)で名古屋駅に行きました。
順番から言えば東京メトロからになりますが、東京メトロの落とし物案内は朝9時からですが、JR東海は朝6時からとのことでしたので、先ずはJR東海の落とし物案内に電話をしました。

キーホルダーなどの特徴を聞かれたので「茶系の皮を編んだようなキーホルダーでCOACH(コーチ)と言うブランド名がついていて鍵は4個となります」と説明しました。
調べて頂くと「名古屋駅で似たような特徴の落とし物を預かっています」と言われ、改めて名古屋駅から電話を頂けるとの事でした。
しばらくすると名古屋駅の担当者さんから電話があり、同じように特徴を伝え、また、刻印されている番号がわかる鍵もありそれを伝えたところ合致しましたので、私が落とした鍵と特定して頂く事ができました。
東京在住である旨つたえると、着払いの宅配便で送って頂けることになり翌日には無事に戻りました。 

COACH コーチ キーホルダー


 今回のツアーでは名古屋駅止まりの「こだま」に乗りましたので名古屋駅到着後の清掃の際に鍵を拾って頂けたことと思います。拾って頂いた方に直接のお礼は出来ませんでしたがこの場を借りて感謝の意を表したいと思います。

実は昨年('15年)の12月には小田急のロマンスカーの中に定期入れを落としてしまいその時もどなたかに拾得していただき町田駅で保管されていて無事に手元に戻りました(
その時のブログ記事)。

ブログの記事にはしていませんが、本年の8月には小銭入れを落としてそれは昼食で立ち寄ったラーメン屋さんで保管されていました。

もちろん全ての落とし物が戻るわけでは無いですが、日本は落とし物が戻ると言う世界に誇れる文化があることを改めて実感しました。
しかし、1年間で3回も落とし物をする自分の不甲斐なさにも少々あきれてしまいました。これを機に気持ちを改めて行きたいと思いました。

'16年9月に訪れた紀伊半島旅行は今回で最終回となります。 今までお付き合い頂きありがとうございました。 今後もどうぞ宜しくお願いいたします。
      
今回の旅行は天候は今ひとつでしたが、足腰がしっかりしているうちに、もう少しハードな熊野古道巡りをしたいと思いました。

nice!(191)  コメント(13)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:旅行

谷瀬(たにぜ)の吊り橋 紀伊半島旅行-10 (奈良県 十津川村)

「谷瀬(たにぜ)の吊り橋」の紹介です。’16年9月22日(木)から24日(土)まで2泊3日で相方とツアーを利用して紀伊半島に旅行に行った時の最終日3日目の紹介となり、前回の「川湯温泉 山水館 川湯みどりや 紀伊半島旅行-9  (和歌山県 田辺市)」からの続きとなります。
「谷瀬(たにぜ)の吊り橋」に到着です。
1戸当たり20万円の出費を負担して完成したそうです。当時の大卒の初任給が1万円くらいとのことですので、当時の20万円はかなりの額と思います。

谷瀬(たにぜ)の吊り橋

現在では吊り橋の長さとしては日本一ではないとの事ですが、鉄線の吊り橋としては現在でも日本一の長さとのことです。また、観光用ではなく生活用の吊り橋となるため、地元の人や郵便配達員などは自転車やバイクでも渡るそうです。(一般の人は徒歩のみ)

谷瀬(たにぜ)の吊り橋

谷瀬(たにぜ)の吊り橋

対岸を目指して約300mの吊り橋を渡っていきます。

谷瀬(たにぜ)の吊り橋

十津川(熊野川)にかかる吊り橋となっており、一度に渡れる20人の人数制限があります。また、混雑時は一方通行になることもあるそうです。その場合は渡った対岸から臨時の有料バスで戻ることになるそうです。

谷瀬(たにぜ)の吊り橋

バイクや自転車も渡れる橋なので木製の床となっており、それが頑丈であることを信じて進んで行きました。

谷瀬(たにぜ)の吊り橋

谷瀬(たにぜ)の吊り橋

訪れた日はあいにくの空模様でしたが、天候があまり良くないことは今回の旅行の前に予測していたので、100円ショップのビニール製の雨合羽を持参しましたが、多少の雨であれば傘をささずに歩けたので結構役に立ちました。

谷瀬(たにぜ)の吊り橋

対岸からも吊り橋で戻りツアーバスの待つ駐車場に向かいました。

谷瀬(たにぜ)の吊り橋

お土産物屋さんで購入したのは吉野地方や熊野地方の郷土料理の1つである「めはりすし」と奈良県 吉野の地酒「やたがらす」となります。

谷瀬(たにぜ)の吊り橋

谷瀬(たにぜ)の吊り橋 めはりすし

北岡本店 日本酒 やたがらす

「谷瀬(たにぜ)の吊り橋」は左上となり、先日紹介させいて頂いた「瀞(どろ)峡 三県境」は右下となります。直線距離で約25km位あり、東京23区より大きく日本一広い村である十津川村の広大さを感じました。

十津川村



「谷瀬(たにぜ)の吊り橋」を後にして今回のツアーの最後の訪問地「高野山・奥の院」に向かいました。

'16年9月に訪れた紀伊半島旅行は、もう1回紹介させて頂きますので、今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

nice!(218)  コメント(18)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:旅行

川湯温泉 山水館 川湯みどりや 紀伊半島旅行-9 (和歌山県 田辺市)

川湯温泉 山水館 川湯みどりや 」さんの紹介です。’16年9月22日(木)から24日(土)まで2泊3日で相方とツアーを利用して紀伊半島に旅行に行った時の2日目に宿泊したホテルの紹介となり、前回の「熊野本宮大社・大斎原(おおゆのはら) 紀伊半島旅行-8 (和歌山県 田辺市)」からの続きとなります。
「熊野本宮大社・大斎原(おおゆのはら)」を後にして宿泊先に到着です。
尚、このホテルは1泊目に宿泊した
勝浦温泉 ホテル浦島」さんと同じグループだそうです。

川湯温泉 山水館 川湯みどりや

私たちが宿泊したのは洋室となりますが、和室や露天風呂付きの部屋もあるそうです。

川湯温泉 山水館 川湯みどりや

木目の壁は木のぬくもりを感じられました。

川湯温泉 山水館 川湯みどりや

川湯温泉 山水館 川湯みどりや

全館が同じ作りかは分かりませんが、私たちが宿泊した場所は廊下も部屋と同様に木目の壁となっていました。

川湯温泉 山水館 川湯みどりや

楽しみな夕食です。 夕食はハーフバイキングとなっていて前菜や鍋などはあらかじめ用意されていてそれ以外がバイキングで頂ける形式でした。

川湯温泉 山水館 川湯みどりや

川湯温泉 山水館 川湯みどりや

炭火で焼かれた鮎もバイキングで頂く事ができました。

川湯温泉 山水館 川湯みどりや

昼食に続き夜も秋刀魚のお寿司を頂くことができました。秋刀魚の押し寿司は熊野灘沿岸で食べられる郷土料理の1つだそうです。

川湯温泉 山水館 川湯みどりや

川湯温泉は川原を掘ればどこからでも温泉が湧くことが特徴だそうです。川の流れの中にも湯が湧いている場所があるそうです。
宿泊したホテルにも川原の露天風呂がありました。 露天風呂は男女混浴となりますが、露天風呂の浴槽は2つあり、男女別の内風呂から外にでると右側が女性、左側が男性用に自然とわかれるようになっていました。
また女性の方は脱衣場に露天風呂専用の浴衣(湯着)が用意してありそれを着用したまま入浴出来るようになっていました。 男性はタオル着用で入浴できました。

川湯温泉 山水館 川湯みどりや

川湯温泉 山水館 川湯みどりや

川湯温泉 山水館 川湯みどりや

川湯温泉 山水館 川湯みどりや

川原の露天風呂にも入りゆっくりと休むことが出来ました。 最終日、3日目の朝食です。朝食はバイキングでいつものようにガッツリと頂きました。昨晩はカレーがあったので、朝カレーも期待していたのですが無かったようでした(見逃していたのかもしれません)

川湯温泉 山水館 川湯みどりや

川湯温泉をあとにして「谷瀬の吊り橋」に向かいました。


'16年9月に訪れた紀伊半島旅行は、何回かに渡り紹介させて頂きますので、今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

川湯温泉 山水館 川湯みどりや

川湯温泉 山水館 川湯みどりや

  • 場所: 和歌山県 田辺市 本宮町 川湯 13
  • 特色: 今も昔も変らない熊野の大自然の中の宿。
    世界遺産熊野古道へ毎朝8時、9時、10時、熊野古道へ送迎あり
nice!(220)  コメント(15)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:旅行

熊野本宮大社・大斎原(おおゆのはら) 紀伊半島旅行-8 (和歌山県 田辺市)

「熊野本宮大社」、「大斎原(おおゆのはら)」の紹介です。’16年9月22日(木)から24日(土)まで2泊3日で相方とツアーを利用して紀伊半島に旅行に行った時の2日目の紹介となり、前回の「瀞峡(どろきょう) 紀伊半島旅行-7 (和歌山県・三重県・奈良県)」からの続きとなります。
「瀞峡(どろきょう)」を後にして、「熊野本宮大社」に到着です。
今回のツアーで訪れた「熊野那智大社」、「熊野速玉大社」そしてここ「熊野本宮大社」を合わせて熊野三山となり全国にある熊野神社の総本山となります。 そして「大斎原(おおゆのはら)」とも合わせて世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部ともなっています。

世界遺産 熊野本宮大社 大斎原(おおゆのはら)

熊野本宮大社

参道の階段を上がり社殿に向かいます。

熊野本宮大社

熊野本宮大社

熊野本宮大社

境内にある「亀石」です。これに触れると長寿になるとも言われているそうです。 写真にはありませんが、「大黒石」と言うのもありそれに触ると金運が上がるそうです。

熊野本宮大社 亀石

熊野のシンボルとも言われる八咫烏(やたがらす)です。八咫烏は神武天皇を大和の橿原(かしはら)まで案内したとされており、導きの神として知られています。

熊野本宮大社 八咫烏 やたがらす

また八咫烏は日本サッカー協会のシンボルマークや日本代表エンブレムとしてもおなじみになっています。日本代表サッカー選手たちが必勝祈願でご参拝されているそうです。

熊野本宮大社 八咫烏 日本サッカー協会

熊野本宮大社 八咫烏

「熊野本宮大社」を後にして「大斎原(おおゆのはら)」に向かいました。「熊野本宮大社」から歩いてすぐの場所になります。

大斎原(おおゆのはら)

2000(平成12)年に完成した日本一高い大鳥居(高さ約34m、横約42m)があります。

大斎原(おおゆのはら)大鳥居

遠くから見てもかなりの存在感がありますが、近くに来るとよりその大きさが分かります。

大斎原(おおゆのはら)大鳥居

この鳥居も八咫烏がシンボルとなっています。

大斎原(おおゆのはら)大鳥居 八咫烏

大斎原(おおゆのはら)大鳥居

熊野本宮大社は1889年(明治22年)の大洪水で流されるま社地は熊野川の中州にありその旧社地のあった場所がここ「大斎原」とのことです。
前回の記事で北海道の新十津川町は奈良県の十津川村から村民が集団移住した場所と紹介させて頂きましたが、それも1889年(明治22年)の大洪水の際に被災された方々が移住したとのことです。

大斎原(おおゆのはら)


八咫烏に福を導いて頂きたくお土産で購入しました。相方が携帯電話のストラップとして愛用してます。

八咫烏 お守り

「熊野本宮大社」、「大斎原(おおゆのはら)」を後にして2日目の宿泊場所である「川湯温泉(和歌山県 田辺市)」に向かいました。

'16年9月に訪れた紀伊半島旅行は、何回かに渡り紹介させて頂きますので、今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

nice!(219)  コメント(14)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:旅行

瀞峡(どろきょう) 紀伊半島旅行-7 (和歌山県・三重県・奈良県)

「瀞峡(どろきょう)」の紹介です。’16年9月22日(木)から24日(土)まで2泊3日で相方とツアーを利用して紀伊半島に旅行に行った時の2日目の紹介となり、前回の「鬼ヶ城 紀伊半島旅行-6 (三重県 熊野市)」からの続きとなります。
「鬼ヶ城」を後にして、「瀞峡観光ウォータージェット船」に乗船するために、「小川口乗り場」に向かいました 。
「瀞峡」は吉野熊野国立公園の一部で巨岩、奇岩、断崖が続く渓谷美として知られているとのことです。
「小川口乗り場」に到着です。 乗り場と言ってもちゃんとした乗船場所があるわけではなく板を渡してそれを渡って乗船することになります。
 
瀞峡 小川口乗り場
 
「ウォータージェット船」と言うだけあって、水しぶきをあげてそこそこのスピードがあります。
 
瀞峡観光ウォータージェット船
 
屋根は開閉式になっていて、途中で全開になり屋根越しからの景色も楽しめました。
 
瀞峡観光ウォータージェット船
 
見飽きない自然の作った渓谷美が続きかなりの写真を撮影しました。
 
瀞峡観光
 
瀞峡観光
 
乗船した「小川口乗り場」から約20分で「田戸乗船場」に到着してここで約20分の休憩があります。
 
瀞峡 田戸乗船場 三県境
 
そしてここには「瀞ホテル(奈良県 十津川村)」があります。 現在はホテルとしては使用されてはおらず食堂・喫茶店になっているそうです。建物は築約100年とのことです。このあたりは「和歌山県・三重県・奈良県」の県境がある「三県境」になります。

瀞ホテル
 
瀞ホテル
 
「田戸乗船場」からは三重県と奈良県を結んで架かる「山彦橋」と言う吊り橋も見られました。
 
瀞峡 山彦橋
 
約20分の休憩を終え、再び「瀞峡観光ウォータージェット船」に乗り「瀞峡」観光を続けました。「山彦橋」の下を通り先に進みます。
 
 
瀞峡 山彦橋
 
「母子の滝」です。写真では一筋の滝だけしか写っていませんが、奥に子供の滝、それをかばうかのように母の滝、と二筋の瀑布がかかっています。
 
瀞峡 母子の滝
 
「こま犬岩」です。本当に両足をそろえて座っているこま犬のように見えます。紅白の首輪がつけられていました。
 
瀞峡 こま犬岩
 
「松茸岩」です。これも自然の作った芸術作品です。
 
瀞峡 松茸岩
 

「獅子岩」です。獅子がよこたわり、口を開けて吠えているように見える岩となります。

瀞峡 獅子岩
 
途中でUターンして乗船した「小川口乗り場」まで戻りました。途中の休憩も含め約1時間の瀞峡観光でしたが、とても楽しめました。 私が訪れたのは9月となりますが紅葉のころはまた違った風景になっているかと思います。

前述させて頂きましたが、途中休憩した「田戸乗船場」は「和歌山県・三重県・奈良県」の県境がある「三県境」となります。
奈良県側は十津川村となりますが、十津川村は日本で一番面積の広い村で東京23区よりも広いとのことです。西村京太郎さんの推理小説に登場する十津川省三警部の名前は、ここ十津川村に由来しているとのことです。また、北海道の新十津川町は村民が集団移住し開拓したことによりその名前がついているとのことです。(Wikipediaより)
 


「瀞峡」を後にして次の訪問地「熊野本宮大社」に向かいました。

'16年9月に訪れた紀伊半島旅行は、何回かに渡り紹介させて頂きますので、今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

nice!(239)  コメント(19)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:旅行

鬼ヶ城 紀伊半島旅行-6  (三重県 熊野市)

「鬼ヶ城」の紹介です。 ’16年9月22日(木)から24日(土)まで2泊3日で相方とツアーを利用して紀伊半島に旅行に行った時の2日目の紹介となり、前回の「那智の滝 ・ 熊野那智大社 ・ 熊野速玉神社 紀伊半島旅行-5 (和歌山県)」からの続きとなります。
「那智の滝」、「熊野那智大社」、「熊野速玉神社」を後にして「鬼ヶ城」に到着です。ここもユネスコの世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部で日本百景に選定されているとのことです。
この日のこれまでに立ち寄った場所を整理すると以下の位置関係になります。一番下が1泊目に宿泊した「勝浦温泉」、その左上が「那智の滝・熊野那智大社」、そしてその右上が「熊野速玉神社」となり、"現在地"が「鬼ヶ城」になります。

鬼ヶ城

鬼ヶ城

「鬼ヶ城」は昼食休憩で立ち寄りましたのでオプション(別料金)で昼食を申し込まれていた方は、レストランで昼食を頂くことになりますが、私たちは朝食バイキングでお腹が一杯であることを想定して昼食を申し込みませんでしたので、周囲を散策することにしました。

鬼ヶ城

遊歩道も完備されており、熊野灘の荒波に削られた大小の海蝕洞が約1.2km続く凝灰岩の大岸壁を歩くことができます。

鬼ヶ城

遊歩道を歩いて行きます。

鬼ヶ城

長い年月をかけ浸食された様子がよく分かります。

鬼ヶ城

鬼ヶ城

鬼ヶ城

鬼ヶ城

平成27年(2015年)の台風11号の影響でこの先は遊歩道が通行止めになっていました。

鬼ヶ城

通行止めになっている遊歩道です。

鬼ヶ城

日本百景の1つとの事で、天候が良ければもっと美しい海の色が見られたと思います。

鬼ヶ城

鬼ヶ城

オプションでの昼食は頂きませんでしたが、「鬼ヶ城センター」の横の「熊野漁協水産物直売所」で「さんま姿寿し」が販売されていたのでそれを頂く事にしました。

鬼ヶ城 熊野漁協水産物直売所 さんま寿し

さんま一尾分を使ったお寿しとなりますが、これで400円なら手ごろな価格だと思いました。

鬼ヶ城 熊野漁協水産物直売所 さんま寿し

「鬼ヶ城」を後にして次の訪問地「瀞峡(どろきょう)」に向かいました。

'16年9月に訪れた紀伊半島旅行は、何回かに渡り紹介させて頂きますので、今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

nice!(235)  コメント(14)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:旅行

那智の滝 ・ 熊野那智大社 ・ 熊野速玉神社  紀伊半島旅行-5 (和歌山県)

「那智の滝」、「熊野那智大社」、「熊野速玉神社」の紹介です。 ’16年9月22日(木)から24日(土)まで2泊3日で相方とツアーを利用して紀伊半島に旅行に行った時の2日目の紹介となり、前回の「勝浦温泉 ホテル浦島 ・ 大門坂 紀伊半島旅行-4 (和歌山県 那智勝浦町)」からの続きとなります。
「大門坂」を後にして「那智の滝」に到着です。ユネスコの世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部になります。

那智の滝

「那智の滝」へは学生時代に来た時以来、約30年ぶりの再訪となります。

那智の滝

那智の滝は、日本三大名滝(あとの2つは華厳滝、袋田の滝)の一つで、落差133mは一段の滝としては落差が日本1位だそうです。

那智の滝

那智の滝

「那智の滝」を後にして、「熊野那智大社」に到着です。
「熊野那智大社」の社殿および境内地は、ユネスコの世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の構成資産の一部となります。467段におよぶ石段の上に建つ6棟からなる社殿は、標高約500mに位置しています。

熊野那智大社

熊野那智大社

熊野那智大社

熊野那智大社

「那智大社」をあとにして「熊野速玉神社」に向かいました。「熊野速玉神社」もユネスコの世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の構成資産の一部となります。

熊野速玉神社

熊野速玉神社

朱色に輝く社殿がとても美しかったです。

熊野速玉神社

熊野速玉神社

 

熊野速玉神社

境内に立つ推定樹齢1000年の梛(なぎ)の大樹。梛としては日本最大で国の天然記念物に指定されています。平重盛(清盛の嫡男)の手植えと伝えられているそうです。

熊野速玉神社 梛(なぎ)の大樹

熊野速玉神社 梛(なぎ)の大樹

ツアー旅行だったので少々、駆け足でしたが見所を効率良くまわることができました。

世界遺産 熊野

「熊野速玉神社」を後にして、「鬼ヶ城」、「瀞峡(どろきょう)」に向かいました。

'16年9月に訪れた紀伊半島旅行は、何回かに渡り紹介させて頂きますので、今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

nice!(240)  コメント(16)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:旅行

勝浦温泉 ホテル浦島 ・ 大門坂 紀伊半島旅行-4 (和歌山県 那智勝浦町)

勝浦温泉 ホテル浦島」さん「大門坂」の紹介です。 ’16年9月22日(木)から24日(土)まで2泊3日で相方とツアーを利用して紀伊半島に旅行に行った時の2日目の紹介となり、前回の「勝浦温泉 ホテル浦島 紀伊半島旅行-3 (和歌山県 那智勝浦町)」からの続きとなります。
宿泊した部屋からの眺めです。 前回も紹介させて頂きましたが、このホテルは数棟の建物があり、私たちが宿泊したのは日昇館と言う建物で、8階建ての8階の部屋でした。

勝浦温泉 ホテル浦島

岩肌の下の方を見ると柵が見えました。

勝浦温泉 ホテル浦島

ここも前回、紹介させて頂きましたが、玄武洞と言う洞窟風呂の外に面した箇所の柵が見えていることになります。

勝浦温泉 ホテル浦島

朝食は楽しみなバイキングです。

勝浦温泉 ホテル浦島

最近、朝食バイキングで良くお目にかかる朝カレーを頂きました。

勝浦温泉 ホテル浦島

そろそろホテルの出発時刻です。

勝浦温泉 ホテル浦島

これも前回、紹介させて頂きましたが、ホテルは島にあるわけではないのですが、対岸とホテルを結ぶホテルの船を利用するのが唯一のアクセス方法となります。

勝浦温泉 ホテル浦島

船に乗り、ホテルに別れを告げました。

勝浦温泉 ホテル浦島

こちらが対岸の船着き場となります。

勝浦温泉 ホテル浦島

船から下りてツアーバスで2日目の最初の訪問地である「大門坂」に向かいました。JRの「紀伊勝浦駅」の近くを通過中です。

紀伊勝浦駅

熊野古道に近いこの場所で、雲が垂れ込めていて幻想的な風景です。

熊野古道

訪れたのは9月となりますのでまだ彼岸花が綺麗に咲いていました。

熊野古道

「大門坂」に到着です。

大門坂

大門坂は日本三大古道の一つ熊野古道の面影を残しており、「那智山」へと全長約600メートル、高低差約100メートルの石畳が続きます。
かつて坂の到着地点に大きな門があったことから「大門坂」と呼ばれているとのことです。登り口にある「夫婦杉」です。 写真では1本の杉の木しか撮影できませんでしたが、
石畳の道の両側に移置していることにより「夫婦杉」と言われています。

大門坂 夫婦杉

石畳の腋には樹齢800年の楠大樹がありました。根元には鍵の掛かった鉄扉が付いていて中はどうなっているのかちょっと気になりました。

楠大樹 大門坂

少々、写真が暗めで見にくいですが石畳の階段です。

石畳 大門坂

「大門坂」を後にして「那智の滝」、「那智大社」に向かいました。

'16年9月に訪れた紀伊半島旅行は、何回かに渡り紹介させて頂きますので、今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

nice!(226)  コメント(14)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:旅行

勝浦温泉 ホテル浦島 紀伊半島旅行-3 (和歌山県 那智勝浦町)

勝浦温泉 ホテル浦島」さんの紹介です。 ’16年9月22日(木)から24日(土)まで2泊3日で相方とツアーを利用して紀伊半島に旅行に行った時の初日の紹介となり、前回の「伊勢神宮・おかげ横丁 紀伊半島旅行-2 (三重県 伊勢市)」からの続きとなります。「伊勢神宮」、「おかげ横丁」を後にして1泊目の宿泊先である「那智勝浦」にツアーバスで向かいました。
「伊勢神宮」から「那智勝浦」までは約150Km離れていますので2回のお手洗い休憩がありました。
1箇所目は、紀勢自動車道の「紀北(きほく)パーキングエリア」です。ここはまだ三重県で紀北町の特産物や買い物が出来る
地域振興施設「始神(はじかみ)テラス」があります。

紀北(きほく)パーキングエリア  始神(はじかみ)テラス

「紀北(きほく)パーキングエリア」を後にして2箇所目のお手洗い休憩は「道の駅 パーク七里御浜」です。三重県 御浜(みはま)町は年中みかんのとれるまちして知られているそうです。

道の駅 パーク七里御浜

海沿いの場所になります。御浜(みはま)町東部の海岸は七里御浜と呼ばれる玉砂利の海岸となっており吉野熊野国立公園の1部とのことです。

七里御浜

目指す「那智勝浦」もうすぐです。

道の駅 パーク七里御浜

勝浦港の観光桟橋から対岸のホテルまで専用の船(無料)で向かうことになります。

勝浦温泉 ホテル浦島

部屋に到着です。

勝浦温泉 ホテル浦島

2人で宿泊するには十分な広さです。

勝浦温泉 ホテル浦島

夕食は楽しみなバイキングです。

勝浦温泉 ホテル浦島

その場で切り分けたマグロを頂く事ができました。

勝浦温泉 ホテル浦島

デザートも頂きお腹一杯です。

勝浦温泉 ホテル浦島

建物も何棟かありとても広いホテルとなります。私たちが宿泊したのは写真の上部に位置する「日昇館」となります。模型の反対側に位置する海の見える部屋で運良く8階建ての8階を利用させて頂きました。

勝浦温泉 ホテル浦島

勝浦温泉 ホテル浦島

温泉もたくさんあります。

勝浦温泉 ホテル浦島

「玄武洞」は以下の写真の左上になり洞窟のような温泉となります。

勝浦温泉 ホテル浦島

 ホテルは島にあるわけではありませんが、前述のように船で訪れることになります。

 


'16年9月に訪れた紀伊半島旅行は、何回かに渡り紹介させて頂きますので、今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

勝浦温泉 ホテル浦島

勝浦温泉 ホテル浦島

  • 場所: 和歌山県 東牟婁郡 那智勝浦町 勝浦 1165-2
  • 特色: 海目前の絶景!源泉掛流し温泉が入り放題!
nice!(229)  コメント(15)  トラックバック(1)  [編集]
共通テーマ:旅行

伊勢神宮・おかげ横丁 紀伊半島旅行-2 (三重県 伊勢市)

「伊勢神宮」、「おかげ横丁」の紹介です。’16年9月22日(木)から24日(土)まで2泊3日で相方とツアーを利用して紀伊半島に旅行に行った時の初日の紹介となり、前回の「東京駅から伊勢神宮 紀伊半島旅行-1 (三重県 伊勢市)」からの続きとなります。
伊勢神宮の外宮を後にして内宮に到着しました。

伊勢神宮 内宮

あいにくの空模様でしたが多くの方が訪れていました。

伊勢神宮 内宮

時々、日もさす感じの神々しい雰囲気の中を散策しました。 ツアー旅行のため時間の制約もありましたが、もう少し事前に伊勢神宮の事を調べてから訪れれば良かったと思っています。

伊勢神宮 内宮

伊勢神宮 内宮

紅葉の頃も美しい風景を見せていることと思います。

伊勢神宮 内宮

五十鈴川です。

伊勢神宮 五十鈴川

五十鈴川の川岸まで近寄るり水に触れることも出来ます。

伊勢神宮 五十鈴川

天候の関係もあり伊勢神宮ではあまり写真を撮影することは出来ませんでした。伊勢神宮を後にして、内宮前にある「おかげ横丁」に向かいました。「おかげ横丁」はかつての門前町の町並みを再現した観光地で、赤福の関連会社が運営しているとのことです。

 

おかげ横丁

地ビール(神都麥酒(しんとびーる))を飲みながら散策しました。

神都麥酒(しんとびーる)

値段の相場感は分かりませんが、松阪牛を頂けるレストランもありました。

牛ステーキ おく乃

私たちが訪れたのは「白鷹三宅商店」さんです。 神宮の御料酒「白鷹(はくたか)」を取り扱うお店で立ち飲みで飲んでいくこともできます。「白鷹」は兵庫県 西宮の白鷹株式会社さんで造られたお酒となります。

白鷹三宅商店

せっかくなので立ち飲みで頂く事にしました。

神宮の御料酒 白鷹(はくたか)

塩と一緒に頂きました。

神宮の御料酒 白鷹(はくたか)

「おかげ横丁」の街並みです。 右側にコンビニの「ファミリーマート」がありますが、周りの建物と同じ雰囲気に作られています。

おかげ横丁

「伊勢神宮」、「おかげ横丁」を後にして初日の宿泊先である紀伊勝浦に向かいました。
'16年9月に訪れた紀伊半島旅行は、何回かに渡り紹介させて頂きますので、今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

nice!(217)  コメント(21)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:旅行
-  |  次の10件 »
Copyright © ぼんさんの記憶帳 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます