So-net無料ブログ作成
-  |  次の10件 »

マイクロネシアモール・プレミアムアウトレット・カリフォルニアピザ  '17年12月 グアム旅行-4

グアムの「マイクロネシアモール」、「プレミアムアウトレット」、「カリフォルニアピザ」さんなどの紹介です。
昨年(‘17年)12月23日(土)から27日(水)まで(4泊5日)早めの冬休みを頂いて相方と2人で訪れました。グアムへは’15年12月以来2年ぶりとなります。
前回の「
デデドの朝市・恋人岬 '17年12月 グアム旅行-3」からの続きとなり、2日目の紹介となります。2日目、は前回紹介させて頂いたように、早朝に「デデドの朝市」と「恋人岬」に行き、朝の9時頃にホテルに戻りました。
ホテル(
FIESTA RESORT GUAM)の部屋からグアムの美しい風景を眺めたあと、外出しました。


FIESTA RESORT GUAM

FIESTA RESORT GUAM
訪問先はグアム観光の定番とな「DFS(デューティーフリーショップ)ギャラリア」などを散策しました。

DFS(デューティーフリーショップ)ギャラリア」 グアム
グアムは観光地といえどもクリスマス(12月25日)はレストランも含めお休みになるお店も多いです。そのため「DFS(デューティーフリーショップ)ギャラリア」の向かいにある「JCB プラザ・ラウンジ」で翌日(25日)に利用できるレストランの確認に立ち寄りました。

JCB プラザ・ラウンジ グアム
グアム内の移動は「赤いシャトルバス」を利用しました。
「赤いシャトルバス」は有料となり、色々なタイプがありますが、私たちは5日間利用できる25ドルのチケットを使いました。4泊5日なのでちょうどよかったです。
「マイクロネシアモール」に到着です。

マイクロネシアモール グアム
訪れたのは昨年(’17年)の12月となりますので店内はクリスマス一色でした。

マイクロネシアモール グアム
ちょうど昼食時間でしたので、フードコートでランチを頂きました。
アメリカにいるとつい食べたくなるアメリカ風中華です。左上のスープは「ホットアンドサワースープ」と言う日本で言うも「サンラータン(酸辣湯)」になるのですが、微妙に味が違い、私はアメリカで頂く、この「ホットアンドサワースープ」が好きです。
 マイクロネシアモール グアム
「赤いシャトルバス」を利用して、「マイクロネシアモール」から「プレミアムアウトレット」に行きました。 クリスマスセールで安い物もあり、それらを見つけるのも楽しみの一つです。

プレミアムアウトレット グアム
日本のビールも入手可能ですが、アメリカにいるときはアメリカのビール(BUD LIGHT)を飲みたくなります。

BUD LIGHT グアム
この日の夕食は「カリフォルニア ピザ キッチン」さんに伺いました。このお店は私たちが宿泊したホテル(
FIESTA RESORT GUAM)の隣のホテル「ホリデーリゾートスパホテル」の1階にあります。
日本にも進出していているお店となり、「ラゾーナ川崎プラザ(神奈川県 川崎市)」に出店されています・
 
カリフォルニア ピザ キッチン グアム
揚げた春巻きのような前菜です。 これは「JCB プラザ・ラウンジ」で頂いたクーポンの特典だったと記憶してます。

カリフォルニア ピザ キッチン グアム
メインのピザです。グアムのお店のオリジナルなのかもしれませんが、チャモロ風にアレンジされたピザでした。

カリフォルニア ピザ キッチン グアム
もう一品はシーフード系のパスタです。
 カリフォルニア ピザ キッチン グアム
美味しかったですが完食はできずホテルに持ち帰りました。 前回、紹介させて頂きましたように部屋には電子レンジを置いて頂いたので翌日の朝食にすることにしました。
ホテルに戻り宿泊した部屋から外を見るとホテルのイベント「Fiesta Beachside BBQ&Show」が見られました。

FIESTA RESORT GUAM
グアム旅行2日目は朝からの観光となりましたが、充実した1日でした。
ホテルのベランダからの夜景です。左に小さな光が見られますが、そこが朝訪れた「恋人岬」となります。 私たちは朝訪れましたが、夜に訪れても私たちの宿泊しているホテルのあるタモン湾の夜景が綺麗に見られるとおもいました。
 
FIESTA RESORT GUAM
昨年(’17年)12月に訪れたグアムの旅行記は数回に渡って紹介させて頂きますので今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

nice!(194)  コメント(14)  [編集]
共通テーマ:旅行

デデドの朝市・恋人岬  '17年12月 グアム旅行-3

グアムの「デデドの朝市」と「恋人岬」の紹介です。
昨年(‘17年)12月23日(土)から27日(水)まで(4泊5日)早めの冬休みを頂いて相方と2人で訪れました。グアムへは’15年12月以来2年ぶりとなります。
前回の「FIESTA RESORT GUAM '17年12月 グアム旅行-2」からの続きとなります。
グアムへは’09年から5回目の訪問(毎回年末)となりますが、ビーチでのんびりするのが主な目的のため、グアムの観光はほとんどしていないことになります。
今回、到着したのがちょうど土曜日となりましたので、到着翌日に土、日にだけ開催される「デデドの朝市」に訪れることにしました。併せて「恋人岬」にも立ち寄れるオプショナルツアーとなります。
「デデドの朝市」へは’12年12月にも訪れていますので5年ぶりとなります。「恋人岬」はホテルのベランダからはグアムに訪れるたびに眺めておりましたが、訪れるのは初めてとなります。

5年前(’12年)の「デデドの朝市」のブログ記事です:
http://bonsan-memory.blog.so-net.ne.jp/2012-12-28

マイクロバスが朝の6時25分にホテルのロビーに迎えに来てくれました。日の出を見ながら「デデドの朝市」に向かいます。
途中、雨(シャワー)が降りましたが、グアムでは日常見られる天候だと思います。


デデドの朝市 グアム
「デデドの朝市」に到着です。地面はぬれていますが、雨はすでに上がってました。

デデドの朝市 グアム
地元の方も来られる朝市となりますので、名前はわかりませんが、新鮮な魚も売られていました。
写真ではわからないですが、まだピチピチと動いていました。

デデドの朝市 グアム
私たちは朝食の無いプランのホテルでの宿泊となりましたので、こちらでの朝食も楽しみでした。

デデドの朝市 グアム
相方と2人で分けましたが、十分な量でした。ご飯のガーリック風味が結構美味しかったです。

デデドの朝市 グアム
日本の炭火焼き鳥屋さんのような感じです。

デデドの朝市 グアム
「デデドの朝市」を後にして「恋人岬」に向かいました。
「恋人岬」と言われる由縁は、
チャモロの美しい娘に求婚したスペイン人総督がいたそうですが、彼女にはチャモロ人の恋人がいました。
チャモロ人の2人はは岬まで逃げ、愛を誓い、お互いの髪を結びながら海へと身を投げたという言い伝えから来ているそうです。
「恋人岬」は英語名では「TWO LOVERS POINT」となります。

恋人岬 グアム 
恋人岬 グアム
近付いてみると日本でもおなじみのキーホルダーがたくさん付いていました。


恋人岬 グアム
キーホルダーは「恋人岬」の売店で購入できるようです。

恋人岬 グアム
断崖絶壁の場所となりますので、ここからの景色はとても綺麗でした。

恋人岬 グアム 

恋人岬 グアム
ズームで見ると私たちが宿泊したホテル(
FIESTA RESORT GUAM)も見られました。
ホテルは手前の2棟の建物となり私たちが宿泊したのは右棟の12階(最上階)となります。

FIESTA RESORT GUAM
そして、ホテルから戻り、ホテルの部屋から見た「恋人岬」です。

FIESTA RESORT GUAM
朝の出発は6時台と少々早いですが、「デデドの朝市」、「恋人岬」を巡って、ホテルに戻ったのは朝の9時くらいでしたので、1日を有効に活用できるツアーと思いました。
↓のツアーを日本で予約して利用しました。
デデドの朝市(フリーマーケット)&恋人岬 週末限定のローカルマーケットと人気の観光地を一緒に訪れる! icon

FIESTA RESORT GUAM
昨年(’17年)12月に訪れたグアムの旅行記は数回に渡って紹介させて頂きますので今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

nice!(213)  コメント(17)  [編集]

FIESTA(フィエスタ) RESORT GUAM '17年12月 グアム旅行-2

グアムのホテル「FIESTA (フィエスタ)RESORT GUAM 」さんの紹介です。
昨年(‘17年)12月23日(土)から27日(水)まで(4泊5日)早めの冬休みを頂いて相方と2人で訪れました。グアムへは’15年12月以来2年ぶりとなります。
前回の「東京からグアムまで '17年12月 グアム旅行-1」からの続きとなります。
グアム国際空港からタクシーを利用してホテルに到着しました。
到着したのは夕刻でしたので、以下の1枚は別の日に撮影した写真となります。

グアム FIESTA RESORT GUAM


訪れたのは昨年(’17年)の12月となりますので、ホテルのロビーはクリスマス一色でした。


グアム FIESTA RESORT GUAM
部屋に到着です。

グアム FIESTA RESORT GUAM
グアム FIESTA RESORT GUAM
数に限りはあるようですが、リクエストすれば電子レンジを部屋に設置してもらえます。
アメリカの食事は量が多いので、いわゆる「ドギーバック」で持ち帰りになることがありますので、それを翌日以降に食べる可能性もあったので、お借りしました。 朝食のついていないプランでしたので、結構、役立ちました。

グアム FIESTA RESORT GUAM
バスルームです。グアムには’09年から’17年まで年末に5回訪れており、内、4回はこのホテルを利用しました。今まで訪れた際(最後にこのホテルを利用したのは’14年の年末となります)にはトイレには洗浄機が付いていなかったですが、今回はそれらしき物が付いていました。 (すべての部屋に設置されているかは不明です)

グアム FIESTA RESORT GUAM
「eco washer」と言う物です。 日本のトイレ洗浄機を模した海外メーカーの物かと思いましたが、「TOTO」製でした。 日本で販売されているのかわかりませんでしたが、ネットで調べると確かにこのような商品があることが確認できました。
(TOTOのインドネシアのサイト:https://www.toto.co.id/products/tcw07s
’18/2の為替レートで日本円にすると11,000円くらいのようです。
電気工事が不要で簡単に設置できるのが売りのようです。ただし、便座、洗浄水も温かくならないので、年中、暖かい国であれば利便性があると思いました。
前回(’15年)12月にグアムに訪れたときは、「
ハイアットリージェンシー グアム」さんを利用しましたが、そこは日本でも見られるタイプのTOTOのウオッシュレットが設置されていました。
その時のブログ記事です: http://bonsan-memory.blog.so-net.ne.jp/2016-01-12

グアム FIESTA RESORT GUAM eco washer
宿泊した部屋は12階建ての12階になります。すでに日も西に沈みだしていました。
そんなに高級なホテルでは無いですが、タモン湾の中心に位置していて、比較的手頃な価格で 8階から12階に位置する「デラックスオーシャンフロント」が利用できるので気に入っています。

グアム FIESTA RESORT GUAM デラックスオーシャンビュー 
岬の先端は翌日訪れる予定の「恋人岬」です。

グアム FIESTA RESORT GUAM デラックスオーシャンビュー 
海に沈む日没は見られませんが(季節によって見られるかはわかりませんでした)綺麗な夕焼けを見ることができます。
到着した日は成田空港、機内とかなり飲食をしたのでお腹一杯でしたので、夕食は抜きで早めにやすみました。

グアム FIESTA RESORT GUAM デラックスオーシャンビュー
明けて2日目の朝です。 私たちの宿泊した部屋は海に面していましたが、反対側の部屋から見られる風景です。 部屋の前の廊下から撮影しました。

グアム FIESTA RESORT GUAM 
ズームでの撮影になりますが、正面に見える建物は「グアム国際空港」となります。直線でいけるわけでは無いですが、「グアム国際空港」とホテル街(タモン湾付近)の距離は結構近いことになります。

グアム FIESTA RESORT GUAM 
日の出の時刻を迎え、朝焼けした空に太陽が昇ってきました。

グアム FIESTA RESORT GUAM 
グアム FIESTA RESORT GUAM 
ツアーではなく個人手配の旅行のため、毎日ビーチでのんびりしたり、ショッピングセンターでの買い物や食事が中心となりましたが、2日目の朝は、土日だけ開催される「デデドの朝市」と「恋人岬」を訪れるオプショナルツアーに申し込みました。朝市と言うくらいなので、ホテルに迎えに来るのが朝の6:30となりますので、日の出が出るのを見てすぐにロビーに向かいました。

昨年(’17年)12月に訪れたグアムの旅行記は数回に渡って紹介させて頂きますので今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

nice!(220)  コメント(15)  [編集]
共通テーマ:旅行

東京からグアムまで '17年12月 グアム旅行-1

グアム(GUAM)旅行記の紹介です。昨年(‘17年)12月23日(土)から27日(水)まで(4泊5日)早めの冬休みを頂いて相方と2人で訪れました。グアムへは’15年12月以来2年ぶりとなります。
新宿駅から「成田エキスプレス」で成田空港に向かいました。

成田エキスプレス 新宿駅
成田エキスプレス 新宿駅
途中、「東京スカイツリー」のかなり近くを通過します。

成田エキスプレス 東京スカイツリー
成田空港に到着です。 私たちはユナイテッド航空の便となりますが、同じ、スターアライアンスグループのANAのラウンジを利用しました。

成田空港 ANAラウンジ
このときは北海道の日本酒が数種類ありました。

成田空港 ANAラウンジ
機内食も楽しみですが、ホテルのバイキングと同様、つい食べ過ぎてしまいます。

成田空港 ANAラウンジ
「カレーそば」と「とんこつラーメン」です。

成田空港 ANAラウンジ
私の好物の「酸辣湯スープ」です。グアムもフードコートにある中華料理のお店で「Hot and Sour Soup」として提供されていて、グアムに訪れると必ず頂いています。
日本の「酸辣湯スープ」とはちょっと違う感じもするのですが、私はこのアメリカン中華風のが好きです。これは日本で頂いたことになりますが、グアムでの味に近いように思いました。

成田空港 ANAラウンジ
到着機材が若干遅れたので出発も15分ほど定刻より遅れました。

ユナイテッド航空 UA827 成田-グアム便
搭乗する機材が到着しました。

ユナイテッド航空 UA827 成田-グアム便
成田からグアムまでは3時間程度の飛行となりますが、フルフラットになるシートでゆったりとできました。

ユナイテッド航空 UA827 成田-グアム便
飛行機の座席はすべて飛行方向に向いていると思っていましたが、この機材は逆向きの席が交互に配置されていました。
これは航空券を予約する際に座席のレイアウトを見てわかったことなりますが、逆向きはで飛行するのは少々違和感があったので、飛行方向の席を予約しました。

ユナイテッド航空 UA827 成田-グアム便
楽しみな機内食です。

ユナイテッド航空 UA827 成田-グアム便
メインは2種類から選べましたので相方と別々の物を頼みました。

ユナイテッド航空 UA827 成田-グアム便
ユナイテッド航空 UA827 成田-グアム便
窓側の席となりますが、太平洋上空は概ね雲に覆われていました。

ユナイテッド航空 UA827 成田-グアム便
あっという間の3時間です。 グアム国際空港に到着です。

ユナイテッド航空 UA827 成田-グアム便
空港を出るとそこには南国のグアムの風景が広がっていました。空港からはタクシーで宿泊先のホテルに向かいました。

グアム国際空港


昨年(’17年)12月に訪れたグアムの旅行記は数回に渡って紹介させて頂きますので今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

nice!(215)  コメント(17)  [編集]
共通テーマ:旅行

ちゃんぽん 唐八景(とうはっけい)-2 (東京都 杉並区)

東京都 杉並区 高円寺にある、長崎ちゃんぽんのお店「 唐八景(とうはっけい)」さんの紹介です。このお店はフジテレビ「とんねるずのみなさんのおかげでした」のコーナー「きたなシュラン / きたなトラン」で2009年に見た目は汚いけれど、料理は美味しいレストランとして紹介されたお店とのことです。
2016年1月に相方と2人で初めて伺い、2年ぶり(’17年2月)に再訪しました。
お店に到着です。驚いたことに店の入り口が改装されていました。

きたなシュラン / きたなトラン 唐八景(とうはっけい)東京都 杉並区 高円寺
前回(’16年1月)に訪れたときの写真です。事情を知らないとちょっと入りにくい感じで、この雰囲気も「きたなシュラン / きたなトラン」に認定されたポイントだったようです。
前回のブログ記事です: http://bonsan-memory.blog.so-net.ne.jp/2016-02-02

きたなシュラン / きたなトラン 唐八景(とうはっけい)東京都 杉並区 高円寺
のれんの下にかかっている、メニューの札も新しくなっていました。

きたなシュラン / きたなトラン 唐八景(とうはっけい)東京都 杉並区 高円寺
お店の中は改装されておらず、以前と同じ風情が残っていました。カウンターだけのこぢんまりしたお店となります。

きたなシュラン / きたなトラン 唐八景(とうはっけい)東京都 杉並区 高円寺
メニュー、価格も以前、訪れたときと変わっていないようです。
前回は「皿うどん(細麺)」と「長崎ちゃんぽん」を頂きましたので、今回は「皿うどん(太麺)」と「半ちゃんぽん / 炒飯」にしました。

きたなシュラン / きたなトラン 唐八景(とうはっけい)東京都 杉並区 高円寺
そして前回と同様にビールと餃子を頂きました。

きたなシュラン / きたなトラン 唐八景(とうはっけい)東京都 杉並区 高円寺
餃子はビールによく合いました。

きたなシュラン / きたなトラン 唐八景(とうはっけい)東京都 杉並区 高円寺
「きたなシュラン / きたなトラン」で紹介されたときの様子が壁に貼られています。前述のように外観は改装されたので「きたなPOINT」の何点かはもう拝見できないことになります。

きたなシュラン / きたなトラン 唐八景(とうはっけい)東京都 杉並区 高円寺
きたなシュラン / きたなトラン 唐八景(とうはっけい)東京都 杉並区 高円寺
「皿うどん(太麺)」です。

きたなシュラン / きたなトラン 唐八景(とうはっけい)東京都 杉並区 高円寺
太麺に味がよく絡み具材も多く美味しく頂く事ができました。

きたなシュラン / きたなトラン 唐八景(とうはっけい)東京都 杉並区 高円寺
「半ちゃんぽん」です。こちらも具材がたくさんで「半」でも結構、楽しめました。

きたなシュラン / きたなトラン 唐八景(とうはっけい)東京都 杉並区 高円寺
「半炒飯」です。家ではなかなか再現のできないパラパラご飯の炒飯を頂くことができました。
デザートとしてバナナを頂きました。
店構えは少々変わりましたが、また、機会があれば訪れてみたいです。

きたなシュラン / きたなトラン 唐八景(とうはっけい)東京都 杉並区 高円寺
訪れた日は’18年2月3日(土)となります。
恒例行事となりますが、夕食には「恵方巻き」、そして夕食後に「豆まき」をしました。

恵方巻き
節分 豆まき


暫く、’17年の年末の旅行記が続きますが、今後もどうぞよろしくお願い申し上げます。

nice!(210)  コメント(14)  [編集]
共通テーマ:グルメ・料理

沖縄 久米島から羽田空港まで 久米島旅行-11

久米島(沖縄県)から羽田空港までの紹介です。
昨年(’17年)11月に相方と2人で2泊3日で久米島(沖縄県 久米島町)へツアーで訪れました。前回の「沖縄 久米島 はての浜(沖縄県 久米島町) 久米島旅行-10」からの続きとなり、旅行3日目の紹介となります。
久米島に訪れるのは一昨年(’16年)の12月以来、約1年ぶりとなりました。
その時と同じツアーでの参加になりますので、ブログで紹介させていただく個所も同じ場所が多いことになりますが、ご了承願います。
最後の訪問先である「はての浜」からホテルに戻り、チェックアウト(11時)をすませ、空港までの送迎バスの出発する13時まで、ホテルの周囲を散策し、軽く昼食を頂きました。
2泊お世話になったホテル(
沖縄 久米島 イーフビーチホテル)に別れを告げ、久米島空港向かいました。

沖縄 久米島 イーフビーチホテル
沖縄 久米島 イーフビーチホテル


久米島空港に到着です。

沖縄 久米島空港
ゆっくりとした島時間を楽しむことができました。

沖縄 久米島空港
搭乗時刻までにまだ時間がありましたので、久米島空港の展望デッキに上がってみました。

沖縄 オリオンビール

沖縄 久米島 泡盛 久米仙
私たちの乗る便が那覇空港から到着しました。 那覇空港での乗り換え時間が20分しかなかったのですが、定刻に久米島空港を出発しました。

沖縄 久米島空港
久米島から那覇へは約100kmとなり時刻表上は40分となりますが、実際に飛んでいる時間はかなり短かったです。

沖縄 那覇空港
東京(羽田空港)行きも定刻の16時に出発しました。

沖縄 那覇空港
那覇空港から羽田空港までは通路側でしたが、雲が多くまた夕刻でしたので、外の景色はあまり見られなかったようです。

沖縄 那覇空港
那覇空港での乗り換え時間は20分でしたが、自分たちのお土産で買いたかった「大東寿司」と「大東まつり寿司」です。 沖縄に来るといつものように購入しています。
これらは家に帰ってからその日の夕食として頂きました。

沖縄 大東寿司 大東まつり寿司 巻きおむすび
「巻きおむすび」はホテル近くのファミリーマートで購入しました。その店内で作られているようでした。

沖縄 巻きおむすび
「大東寿司」です。

沖縄 大東寿司
特製のタレに漬けたサワラの握りとなります。

沖縄 大東寿司
そしてこちらが「大東まつり寿司」です。

沖縄 大東まつり寿司
大東島の祝いの席にはかかせないお寿司のようです。

沖縄 大東まつり寿司
2年続けて訪れた「久米島」となりますが、ツアーの旅程もゆったりとしていて、ゆっくりと島時間を楽しむことができました。
久米島は沖縄本島に比べれば小さい島となりますが、沖縄県内では、沖縄本島、西表島、石垣島、宮古島に次いで5番目に大きな島になるそうです。

昨年(’17年)11月に2泊3日で訪れた沖縄 久米島旅行記は今回で最終回となります。 今までお付き合い頂きありがとうございました。次回以降もしばらく昨年(’17年)年末の旅行記になりますが、今後もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
nice!(208)  コメント(17)  [編集]

沖縄 久米島 はての浜(沖縄県 久米島町) 久米島旅行-10

久米島(沖縄県)の「はての浜 」とホテルの周辺の紹介です。
昨年(’17年)11月に相方と2人で2泊3日で久米島(沖縄県 久米島町)へツアーで訪れました。前回の「イーフビーチホテル-3(沖縄県 久米島町) 久米島旅行-9」からの続きとなり、旅行3日目の紹介となり、今回のツアーの最後の訪問地となります。
久米島に訪れるのは一昨年(’16年)の12月以来、約1年ぶりとなりました。
その時と同じツアーでの参加になりますので、ブログで紹介させていただく個所も同じ場所が多いことになりますが、ご了承願います。
ホテルで朝食を食べ、その後、バスで「泊フィッシャリーナ」まで送迎してもらい、船で「はての浜」に向かいます。
潮の満ち引きの時刻により出発時刻が日により異なるのかと思いますが、前回訪れたときはホテルをチェックアウト(チェックアウト時刻は11時です)してから、「はての浜」に向かいましたが、今回は10時頃にホテルに戻れる旅程になっていたので、荷物などは部屋に置いておけました。
「泊フィッシャリーナ」から「はての浜」に向かいます。
正面に見える白い建物が2泊お世話になったホテル(
沖縄 久米島 イーフビーチホテル)となります。


はての浜  沖縄 久米島 
行きと帰りで異なる船が使われていて、行きの船は船底がガラスになっていて珊瑚や魚を見ながら進みました。 見所の場所では船を停止してくれました。

はての浜  沖縄 久米島
「はての浜」に到着です。 桟橋などはないので、船の前の階段を使い上陸します。

はての浜  沖縄 久米島
売店などは無いですが、トイレは1カ所だけあります。

はての浜  沖縄 久米島 
もう少し太陽が出ていれば、海や砂の色もよりきれいに見られたと思いました。

はての浜  沖縄 久米島 
はての浜  沖縄 久米島 
「はての浜」に約30分滞在して、船で戻りました。

はての浜  沖縄 久米島 
ホテルに戻ったのは10時少し前で、ホテルのチェックアウトは11時となりますので、部屋で着替えなどをする時間は十分ありました。

沖縄 久米島 イーフビーチホテル
11時にチェックアウトしましたが、空港へバスが迎えに来てくれるのは13時となりますので、ホテルの周囲を散策しました。
距離感がわかりにくい地図となりますが、右下がホテルで、真ん中あたりに「ファミリーマート」があります。そしてその上にある「Aコープ久米島店」と言う、久米島の中では大きいスーパーマーケットに訪れてみることにしました。地図上「ファミリーマート」の上の道が寸断されているように見えますが、実際にはちゃんとつながっています。

沖縄 久米島 イーフビーチホテル
左右にサトウキビ畑を見ながらまっすぐな1本道を進んで行きます。

沖縄 久米島 Aコープ久米島店
「Aコープ久米島店」に到着です。 ホテルから徒歩で15分位だったと思います。

沖縄 久米島 Aコープ久米島店
常にこの価格なのかはわかりませんが、輸送料なども含まれるのでかなり高価に思いました。

沖縄 久米島 Aコープ久米島店
「Aコープ久米島店」で沖縄らしい物を買い、それを昼食にしました。

沖縄 久米島 Aコープ久米島店 ポーク玉子おにぎり
お店の前に椅子があったのでそこで食べました。「ポーク玉子おにぎり」です。ポークは沖縄でよく食される「スパム」だと思います。

沖縄 久米島 Aコープ久米島店 ポーク玉子おにぎり
その他も沖縄らしいつまみを頂きながら写真には無いですが「オリオンビール」を飲みながらランチを楽しみました。

沖縄 久米島 Aコープ久米島店 
沖縄 久米島 Aコープ久米島店
「はての浜」の航空写真です。「はての浜」は久米島の東にある東洋一の「砂浜だけの島」で3つの砂浜があり、これらを合わせて「はての浜」と呼ぶとのことです。



昨年(’17年)11月に相方と2人で2泊3日で久米島(沖縄県 久米島町)旅行記は何回かに渡り紹介させて頂きますので、今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

nice!(227)  コメント(17)  [編集]
共通テーマ:旅行

イーフビーチホテル-3(沖縄県 久米島町) 久米島旅行-9

沖縄久米島イーフビーチホテル (沖縄県 久米島町)」さんとその周辺の紹介です。
昨年(’17年)11月に相方と2人で2泊3日で久米島(沖縄県 久米島町)へツアーで訪れました。前回の「奥武島(おうじま)・畳岩(沖縄県 久米島町) 久米島旅行-8」からの続きとなり、旅行2日目の紹介となります。
久米島に訪れるのは一昨年(’16年)の12月以来、約1年ぶりとなりました。
その時と同じツアーでの参加になりますので、ブログで紹介させていただく個所も同じ場所が多いことになりますが、ご了承願います。


半日の久米島観光を終えホテルの部屋で昼食を頂きホテルの前のビーチを散策した後、ホテルの周りもも歩いてみました。
ハイビスカスを見ると南国にいることをより感じさせてくれます。


沖縄県 久米島 ハイビスカス
これはバナナのようです。

沖縄県 久米島 バナナ
本数は少ないですが路線バスも運行されています。

沖縄県 久米島 路線バス
ホテルから約15分歩き「泊フィッシャリーナ」に着きました 翌日はここから船に乗り「はての浜」に行くことになります。

沖縄県 久米島 泊フィッシャリーナ
ホテルとの位置関係です。 「現在地」が「泊フィッシャリーナ」となりホテルはその下の13番になります。飲食店などがあるのは、逆方向(地図上、ホテルより下側)になります。

沖縄県 久米島 泊フィッシャリーナ
ホテルに戻り、海洋深層水を使った展望風呂に入りました。日も徐々に西に傾きだし、夕食会場に向かいました。

沖縄久米島イーフビーチホテル (沖縄県 久米島町)
沖縄久米島イーフビーチホテル (沖縄県 久米島町)
夕食は前日と同様バイキングでは無くセットメニューとなります。

沖縄久米島イーフビーチホテル (沖縄県 久米島町)
前日は魚系でしたが、この日は肉系が中心でしたので2日間飽きずに夕食を楽しめました。

沖縄久米島イーフビーチホテル (沖縄県 久米島町)
部屋に戻り泡盛を少々頂きました。ゆっくり休めそうです。

沖縄久米島イーフビーチホテル (沖縄県 久米島町)
明けて今回のツアー3日目(最終日)となります。

沖縄久米島イーフビーチホテル (沖縄県 久米島町)
朝食は前日と同様バイキングでした。 朝カレーも含め食べられる範囲でガッツリと頂きました。

沖縄久米島イーフビーチホテル (沖縄県 久米島町)
沖縄で食される(サクナ(長命草(チョーミーグサ))のスムージーです。沖縄の強い太陽の日差し潮風で育つ草で、ビタミンやミネラルを豊富に含み、その名の通り「1株食べたら1日長生きする」とも言われているそうです。
私は初めて知りましたが、相方は以前、沖縄に来た際にその存在を知ったとのことです。

サクナ 長命草(チョーミーグサ)沖縄
訪れたのは11月の下旬となりますが、テラスや外でも朝食を頂くことができました。


沖縄久米島イーフビーチホテル (沖縄県 久米島町)


朝食の後は、今回のツアーの最後の訪問地「はての浜」に向かいました。

昨年(’17年)11月に相方と2人で2泊3日で久米島(沖縄県 久米島町)旅行記は何回かに渡り紹介させて頂きますので、今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

nice!(220)  コメント(16)  [編集]
共通テーマ:旅行

奥武島(おうじま)・畳岩(沖縄県 久米島町) 久米島旅行-8

久米島(沖縄県)の「奥武島(おうじま)・畳岩」の紹介です。
昨年(’17年)11月に相方と2人で2泊3日で久米島(沖縄県 久米島町)へツアーで訪れました。前回の「久米仙(泡盛)工場・比屋定バンタ(沖縄県 久米島町) 久米島旅行-7」からの続きとなり、旅行2日目の紹介となります。
久米島に訪れるのは一昨年(’16年)の12月以来、約1年ぶりとなりました。
その時と同じツアーでの参加になりますので、ブログで紹介させていただく個所も同じ場所が多いことになりますが、ご了承願います。


「比屋定バンダ」を後にして、「奥武島(おうじま)・畳岩」に向かいました。
途中、バスの車窓からの眺めとなりますが、「真謝(まじゃ)のチュラ福木並木」を拝見しました。福木(フクギ)とは、屋敷や集落を取り囲むように人工的に植えられたもので、防風防火の役目を持つそうで、「チェラ(美しいの意味)福木」と呼ばれ沖縄県の天然記念物に指定されているとの事です。
(車窓からの見学だったので、うまく写真を撮れませんでした。以下の写真は、一昨年(’16年)に訪れた時に紹介したブログからの転用となります。)


真謝(まじゃ)のチュラ福木並木 沖縄県 久米島
「奥武島(おうじま)・畳岩」に到着です。 海底近くで固まったマグマが隆起してこの様な畳石になったとのことです。


奥武島(おうじま)・畳岩 沖縄 久米島
「畳石」からは私たちが宿泊したホテル(
沖縄 久米島 イーフビーチホテル)も一望出来ました。

奥武島(おうじま)・畳岩 沖縄 久米島
ホテルに戻ってから撮影した写真となりますが、ホテルから眺めた「畳石」方面です。

奥武島(おうじま)・畳岩 沖縄 久米島
上の写真にも写っていますが、「畳石」には食事などが頂けるレストハウスや、「久米島ウミガメ館」、海洋深層水の温水プールがある施設「バーデハウス久米島 」もあります。

奥武島(おうじま)・畳岩 沖縄 久米島
このシーザーの後ろの建物が、「バーデハウス久米島 」となります。こことホテルの間には無料のシャトルバスもあるので、希望者はここ「畳石」でツアーバスを降りてあとは自由行動をすることも可能でした。
私たちは一昨年(’16年)に「バーデハウス久米島 」へ訪れているので、ホテルまでツアーバスで送って頂きました。

奥武島(おうじま)・畳岩 沖縄 久米島
朝8時30分にツアーバスに乗り、久米島の見所を回ってきましたが、12時頃にはホテルに戻り、夕食までは自由時間となります。
宿泊した部屋で昼食を頂きました。まずはオリオンビールで乾杯です。

オリオンビール
そして昼食は「比屋定バンダ」の横の売店で購入した食材です。

沖縄 久米島 イーフビーチホテル 
ハンバーガーもそこそこボリュームがありおいしく頂くことができました。

沖縄 久米島 イーフビーチホテル 
昼食後はホテルの前を散策しました。

沖縄 久米島 イーフビーチホテル
海側から見たホテルの全景となります。先日も紹介させて頂きましたが3階建ての低層ホテルですが、海に面しているので1階の部屋からも海が眺めることができます。右側に独立した建物が見えますが、これは海洋深層水を利用した展望風呂となっており、宿泊中利用させて頂きました。

沖縄 久米島 イーフビーチホテル
こちらが展望風呂の建物です。浴場は海に面してガラス張りの場所となります。

沖縄 久米島 イーフビーチホテル
まったりとした島時間の午後が過ぎていきます。

沖縄 久米島 イーフビーチホテル 
沖縄 久米島 イーフビーチホテル
沖縄 久米島 イーフビーチホテル
夕食まではまだ時間がありますのでホテルの周りを散策してみることにしました。
昨年(’17年)11月に相方と2人で2泊3日で久米島(沖縄県 久米島町)旅行記は何回かに渡り紹介させて頂きますので、今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

nice!(214)  コメント(15)  [編集]
共通テーマ:旅行

久米仙(泡盛)工場・比屋定バンタ(沖縄県 久米島町) 久米島旅行-7

久米島(沖縄県)の「久米仙(泡盛)工場」、「比屋定バンダ」の紹介です。
昨年(’17年)11月に相方と2人で2泊3日で久米島(沖縄県 久米島町)へツアーで訪れました。前回の「具志川城跡・ミーフガー(沖縄県 久米島町) 久米島旅行-6」からの続きとなり、旅行2日目の紹介となります。
久米島に訪れるのは一昨年(’16年)の12月以来、約1年ぶりとなりました。
その時と同じツアーでの参加になりますので、ブログで紹介させていただく個所も同じ場所が多いことになりますが、ご了承願います。
「ミーフガー」を後にして「久米仙(泡盛)工場」に到着です。一昨年(’16年)に訪れた際には、こちらの代わりに「海ぶどう養殖場」の見学でしたので初めて訪れたことになります。

沖縄県 久米島 久米仙(泡盛)工場
泡盛の工場は衛生の観点から見学はできないそうですが、久米仙の泡盛の試飲と販売をしている場所に案内して頂きました。

沖縄県 久米島 久米仙(泡盛)工場
そこそこ久米仙(泡盛)を試飲をして気持ちよくなりました。
製造行程は見られませんでしたが、ここから箱詰めされれて、出荷されていくようです。
写真にはないですが、久米仙のミニボトルを1人1本づつをお土産に頂きました。

沖縄県 久米島 久米仙(泡盛)工場
沖縄県 久米島 久米仙(泡盛)工場
「久米仙(泡盛)工場」を後にして「比屋定バンダ」に到着です。

沖縄県 久米島 比屋定バンダ
「バンタ」と言うのは崖のふちの絶壁で展望が良い場所に沖縄で使われる言葉だそうです。

沖縄県 久米島 比屋定バンダ
展望台からの景色を眺めるのが楽しみですが、横にあるお店での食べ物も楽しみです。
前述のように私たちは一昨年(’16年)の12月にも訪れていますので、皆さんが展望台に向かっている間にお店に伺いました。
地元の方も利用されるお店とのことでお買い得感のある価格だと思います。

沖縄県 久米島 比屋定バンダ
前回、訪れたときも頂き、今回も必ず食べたかった「沖縄そば」です。 「沖縄そば」は100円です。

沖縄県 久米島 比屋定バンダ
それに、三枚肉を1枚追加したので140円で頂くことができました。

沖縄県 久米島 比屋定バンダ
おかわりをしなければ、そばだしも100円に含まれていますし、薬味類も頂くことができます。

沖縄県 久米島 比屋定バンダ
140円の「沖縄そば」を頂いたあと、「比屋定バンダ」の展望台に上がりました。

沖縄県 久米島 比屋定バンダ
遠くには翌日訪れる予定の「はての浜」が見られました。「はての浜」は久米島の東にある東洋一の砂浜とのことです。

沖縄県 久米島 比屋定バンダ はての浜
そして、崖の下には車えびの養殖場が見られました。先日も紹介させて頂きましたが、久米島は車エビの養殖量、日本一とのことです。

沖縄県 久米島 比屋定バンダ 車エビの養殖場
「比屋定バンダ」のシーザーに別れを告げ、つぎの訪問地である「奥武島・畳石」に向かいました。

沖縄県 久米島 比屋定バンダ シーザー


昨年(’17年)11月に相方と2人で2泊3日で久米島(沖縄県 久米島町)旅行記は何回かに渡り紹介させて頂きますので、今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

nice!(220)  コメント(17)  [編集]
共通テーマ:旅行
-  |  次の10件 »
Copyright © ぼんさんの記憶帳 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます