So-net無料ブログ作成
検索選択
-  |  次の10件 »

七沢温泉 盛楽苑-1 (神奈川県 厚木市)

七沢温泉 盛楽苑 」さんの紹介です。 '17年8月に法要で小田原に相方と訪れ、その後、厚木(神奈川県)郊外にある七沢温泉で1泊したときの紹介となり、前回の「小田原から七沢温泉(神奈川県 厚木市)」の続きとなります。
本厚木駅から徒歩約3分の厚木バスターミナルから路線バスを利用して
約30分で「七沢温泉」に到着しました。


七沢温泉 盛楽苑
訪れた時はロビーの横は改装中でした。8月中旬頃には改装も完了しているようです。

七沢温泉 盛楽苑
チェックインを済ませ、浴衣を選び部屋に向かいました。

七沢温泉 盛楽苑
正方形で縁がないのが特徴の琉球畳を使用した8畳の和室に宿泊しました。2人なら十分な広さです。半露天風呂付きの客室などもあるようです。

七沢温泉 盛楽苑
部屋の電話機は今では珍しいダイヤル式でした。 今ではフロントに連絡するくらいしか使われないのかもしれません。

七沢温泉 盛楽苑
部屋からの景色です。 特に観光する場所があるわけではありませんが、緑を眺めながらゆっくりとすることが出来ました。

七沢温泉 盛楽苑
40分の貸し切り露店風呂が利用できるプランで、夕食は19時からでしたので、部屋に到着後、旅館の周りを散策しました。

七沢温泉 盛楽苑


水田とのどかな風景が広がっていました。


七沢温泉 盛楽苑


お風呂は内湯と露天風呂がそれぞれ男女2箇所あり、合計4箇所となります。
露天風呂は18:10以降は貸し切りとなり、私たちもそれを40分、利用させていただきました。

七沢温泉 盛楽苑
こぢんまりとした家庭的な旅館です。貸し切り露天風呂は2つある内の「山城の湯」を利用いたいしました。

七沢温泉 盛楽苑
貸し切りなので写真を撮る事ができました。 この広さを2人で占有できてとても満足でした。

七沢温泉 盛楽苑
こちらは内湯となります。

七沢温泉 盛楽苑
日帰りプランなどもあるようです。

七沢温泉 盛楽苑
温泉に入り、楽しみな夕食です。
「七沢温泉」旅行記は何回かに渡り紹介させて頂きますので、今後もどうぞよろしくお願い申し上げます。


地の食材と四季の味 七沢温泉 盛楽苑

地の食材と四季の味 七沢温泉 盛楽苑

  • 場所: 神奈川 県厚木市 七沢 1811
  • 特色: ゆったりとした時間が流れる小さな宿。
    地の食材に拘った山懐石、露天風呂付き客室や美肌の湯を。
nice!(70)  コメント(9)  [編集]
共通テーマ:旅行

小田原から七沢温泉(神奈川県 厚木市)

小田原から七沢温泉までの紹介です。小田原にはお墓がありますので、年に数回、先祖の供養のために訪れる機会があります。'17年8月に法要で小田原に相方と訪れ、その後、厚木郊外にある七沢温泉で1泊したときの紹介となります。
前回の「新宿から小田原まで」の続きとなります。
小田原でのランチも楽しみの1つですが、前回も紹介させて頂きましたように、今回は「七沢温泉」へ訪れる時間的な制約もありましたので、小田原駅(改札外)にある「箱根ベーカリー(箱根湯本ホテルに本店のあるパン屋さん)」さんで昼食を購入して、本厚木駅までの電車の中で食べる事にしました。
「小田原駅」から「本厚木駅」まではロマンスカーを利用しました。

小田原駅の「箱根ベーカリー」さんで購入した。「アジフライ」の入ったサンドイッチ「小田原サンド」です。


箱根ベーカリー 小田原サンド
こちらも同じお店で購入した総菜パンとなります。

箱根ベーカリー
静岡県 浜松市の「花の舞酒造」さんの「花の舞」です。

花の舞酒造
「本厚木駅」に到着です。

本厚木駅 ロマンスカー
駅を出ると多くの人がいらっしゃいました。

本厚木駅
この日は厚木で「第71回あつぎ鮎まつり大花火大会」が開催されていたのです。

第71回あつぎ鮎まつり大花火大会
炭火で焼かれている鮎が売られていました。

第71回あつぎ鮎まつり大花火大会
近くに寄って見ましたが、周囲は炭火の熱でかなり熱かったです。

第71回あつぎ鮎まつり大花火大会
私たちは宿泊先で夕食を頂く予定があったので、稚鮎のからあげを頂きました。

第71回あつぎ鮎まつり大花火大会
丸ごと食べられてとても美味しかったです。 翌日もお土産で購入しました。

第71回あつぎ鮎まつり大花火大会
私たちの目的地である七沢温泉方面に向かう路線バスは「本厚木駅」から徒歩約3分の「厚木バスターミナル」からの⑨番乗り場から発車しますのでそちらにむかいました。

厚木バスターミナル 9番乗り場 七沢温泉
ホテルに向かうのは「七沢行 (厚33 厚34)」に乗り、「七沢病院入口」で下車して徒歩約7分で向かうのが一般的なのですが、「広沢寺温泉行 (厚38)」で「七沢城趾」で下車するとホテルのすぐ横になりますのでそちらの方が便利です。
但し、そのバス(「広沢寺温泉行 (厚38)」)の本数はとても少ないのですが、事前に調べておいたところ土日だと14時発のがあるのでそれに乗車しました。
目的地の「七沢城趾」までは約30分で、ホテルのチェックインは15時からなのでちょうどよかったです。

DSC04551 e01
「あゆまつり」で混雑する「本厚木駅」周囲を後にして、山間部に入ってきました。


厚木バスターミナル 9番乗り場 七沢温泉


間もなく目的地に到着です。

七沢城跡
目的地の「七沢城跡」に到着です。 バス停の後ろが宿泊する旅館となります。

七沢城跡
「七沢温泉」旅行記は何回かに渡り紹介させて頂きますので、今後もどうぞよろしくお願い申し上げます。

nice!(211)  コメント(22)  [編集]
共通テーマ:旅行

新宿から小田原まで

新宿から小田原の紹介です。小田原にはお墓がありますので、年に数回、先祖の供養のために訪れる機会があります。'17年8月に法要で小田原に相方と訪れたときの紹介となります。
小田急の新宿駅に到着です。 小田急の新宿駅ではいつも顔ハメの写真を撮影するのですが、今回はその顔ハメはしまわれた状態でした。


小田急線 新宿 顔ハメ
昨年(’16年)撮影した写真となりますが、このような顔ハメです。

小田急線 新宿 顔ハメ
乗車するのは8時発の「はこね5号」となります。

小田急線 新宿 ロマンスカー
朝食としていつものように「崎陽軒のシウマイ」を購入しようと思いましたが、既に売り切れたのか取り扱いが無くなったのかは分かりませんが、いつも購入する小田急線の駅ナカの売店には無く諦めました。

小田急線 新宿 駅弁
乗車する8時発の「はこね5号」です。

小田急線 新宿 ロマンスカー
終着駅では車止を撮影するようにしています。万一ぶつかってもその衝撃を吸収できるダンパーが入っているような車止のようですが、ローカール線の終着駅にあるようなシンプルな車止の方が風情があって好きです。

小田急線 新宿 車止
今回、「崎陽軒のシウマイ」は購入出来ませんでしたので、サンドイッチを頂きました。

小田急線 新宿 ロマンスカー
小田原駅に到着です。 顔ハメと言えるのかは分からないですが、ロマンスカーの顔ハメと一緒に写真を撮りました。

小田急線 小田原駅
小田原駅のJR線乗り口には大きな「小田原提灯」があります。

小田原駅 小田原提灯
小田原駅の西口(新幹線側)にある「北条早雲」の銅像です。

小田原駅 北条早雲 銅像
小田原のお墓に伺い、法要も無事に終わりました。 祖父が明治時代に東京に移りましたので、小田原には現在、親族はおりませんが、小田原は1686年から幕末までお世話になった場所となります。
先祖の供養を終え、小田原駅に戻りました。

小田原 
法事に参加された方たちは、私たちも含め。その後の予定もありましたので小田原で解散となりました。
私たちは箱根に1泊とも考えましたが、今回は趣向を変えて、厚木(神奈川県)郊外の「七沢温泉」で1泊することにしました。
お墓参りの際には、小田原でのランチも楽しみの1つですが、今回は「七沢温泉」へ訪れる時間的な制約もありましたので、小田原駅(改札外)にある「箱根ベーカリー(箱根湯本ホテルに本店のあるパン屋さん)」さんで昼食を購入して、本厚木駅までの電車の中で食べる事にしました。

箱根ベーカリー 小田原
小田原に訪れた際には良く購入する「小田原サンド」です。「アジフライ」の入ったサンドイッチになりますが、売り切れていることも多いです。この日も和風は既に売り切れていました。洋風が1つ残っていましたのでこちらを購入しました。

箱根ベーカリー 小田原サンド
小田原駅を後にして「七沢温泉」に訪れるために、本厚木駅に向かいました。

厚木 七沢温泉
「七沢温泉」旅行記は何回かに渡り紹介させて頂きますので、今後もどうぞよろしくお願い申し上げます。

nice!(222)  コメント(15)  [編集]
共通テーマ:旅行

炭火焼ホルモン焼肉 友ちゃん (東京都 杉並区)

「炭火焼ホルモン焼肉 友ちゃん 」さんの紹介です。 JR中央線、総武線の阿佐ヶ谷駅・南口より徒歩1分程度にあるお店です。 前回、焼き肉の「叙々苑」さんを紹介させて頂きましたが、こちらは庶民的な焼き肉屋さんとなります。’17年7月に相方と2人で訪れました。

ホットペッパーリンク先: 炭火焼ホルモン焼肉 友ちゃん

お店に到着です。 家の近くで「鶴橋の味」が楽します。


炭火焼ホルモン焼肉 友ちゃん
2階席もあるようです。

炭火焼ホルモン焼肉 友ちゃん
店内です。 七輪で焼いて煙突で煙を吸い上げるようになっています。 どなたかのは確認しませんでしたが、サイン色紙もそこそこ貼られていました。

炭火焼ホルモン焼肉 友ちゃん
飲み物のメニューです。手ごろな価格だと思います。 サワー系の焼酎には「金宮」が使われているようです。

炭火焼ホルモン焼肉 友ちゃん
私は「ハイボール」、相方は「黒ホッピー」にしました。

炭火焼ホルモン焼肉 友ちゃん
お通しのキャベツです。

炭火焼ホルモン焼肉 友ちゃん
お店特製の「ピリ辛ドレッシング」をつけて頂きました。

炭火焼ホルモン焼肉 友ちゃん
食べ物のメニューとなります。飲み物同様に手ごろな価格だと思います。

炭火焼ホルモン焼肉 友ちゃん
アルコールのつまみに「カクテキ」を頼みました。

炭火焼ホルモン焼肉 友ちゃん
「コブクロ刺」です。刺と言っても生ではなく湯通しされています。コリコリとした食感です。


炭火焼ホルモン焼肉 友ちゃん
人気ランキングNo1の「友ちゃんホルモン(タレ)」です。

炭火焼ホルモン焼肉 友ちゃん
七輪で焼いていきます。

炭火焼ホルモン焼肉 友ちゃん
人気ランキングNo2の「友ちゃん牛ハラミ」です。

炭火焼ホルモン焼肉 友ちゃん
人気ランキングNo3の「友ちゃん牛タン」です。
私も相方も食べ物の好き嫌いがほとんどないので、お店の「おすすめ」的な物があると、それを中心に選んでしまいます。

炭火焼ホルモン焼肉 友ちゃん
煙だけでなく火柱も立ってきましたが、煙も火も煙突が吸っています。

炭火焼ホルモン焼肉 友ちゃん
かなりの火柱があがりましたので、店員さんから頂いた氷で鎮火しました。

炭火焼ホルモン焼肉 友ちゃん
2人でしたのでこれで結構お腹が一杯になり帰路につきました。
このお店は前述させて頂いたように駅から徒歩1分程度の場所なのですが、このような昭和の雰囲気が残る路地にあります。

炭火焼ホルモン焼肉 友ちゃん
この路地は「あさがや南口・川端振興会」の「いちょう小路」と言う通りになります。
(写真左側の電信柱で「あ」と「川」が隠れてしまっています)
この「いちょう小路」はJRの「中央線が好きだ。」と言うポスターシリーズでも取り上げられた場所となります。
↓ 「ポスターロケ地レポート(JR東日本のリンク先です)」
https://www.jreast.co.jp/hachioji/ensen/archive/making8.html

いちょう小路 阿佐ヶ谷
↑の看板に「豚八戒(チョハッカイ)」さんと言うお店が見えますが、こちらは食べログの「東京都 餃子ランキングTOP100」で第1位(’17年7月1日現在)の餃子のお店となります。
食べログのリンク先: 東京都 餃子ランキングTOP100

「豚八戒」さんの店内は広くなく、いつも込んでいてなかなか入るのが難しいお店です。私と相方は今までに2回訪れる機会がありました。

その時の紹介ブログです。
http://bonsan-memory.blog.so-net.ne.jp/2013-02-07
http://bonsan-memory.blog.so-net.ne.jp/2015-02-09

「豚八戒(チョハッカイ)」さんは2年以上ご無沙汰なので、機会があれば再訪してみたいです。

叙々苑 新宿小田急ハルク店 (東京都 新宿区)

叙々苑 新宿小田急ハルク店」さんの紹介です。 先日、同じ新宿の小田急ハルクの地下にある「ハルチカ」内にあるお店を紹介させて頂きましたが、今回は小田急ハルク8階のレストラン街にあるお店の紹介となります。相方と新宿に買い物に訪れた際にランチで立ち寄りました。

叙々苑 新宿小田急ハルク店
夜はそこそこ高級なお店と聞いていますが、ランチは比較的手ごろな価格かと思い伺って見たところ、それなりの値段でした。

叙々苑 新宿小田急ハルク店
せっかく訪れたので、3,500円の「焼き肉ランチ[A]」とグラスビールを頼みました。

叙々苑 新宿小田急ハルク店
ランチセットはデザート以外はまとめて供されます。

叙々苑 新宿小田急ハルク店
サラダ、ナムル、キムチなどもついていますので、追加で頼む必要がなくランチにはちょうど良い感じでした。

叙々苑 新宿小田急ハルク店
叙々苑 新宿小田急ハルク店
そしてお肉です。

叙々苑 新宿小田急ハルク店
肉以外に海老とトウモロコシもついていました。

叙々苑 新宿小田急ハルク店
美味しい焼き肉でご飯もすすみ、お腹一杯です。 食後の飲み物とデザートとなります。

叙々苑 新宿小田急ハルク店
食後に撮影しましたので食べ散らかしたあととなってしまいますが、このような半個室のようなテーブル席に案内されました。(席の種類は色々あるようです)2人でしたのでゆったりとランチを頂く事が出来ました。

叙々苑 新宿小田急ハルク店
天井が鏡張りとなっていましたので、鏡に反射させて撮影してみました。

叙々苑 新宿小田急ハルク店
お腹が一杯になりましたので、新宿を散策してから帰路につきました。 新宿に来られる機会のある方はご存じかと思いますが、小田急ハルクと小田急本館を結ぶ「カリヨン橋」からの眺めです。
左の建物が小田急本館、右手が京王百貨店となります。右の地上部は路線バス乗り場です。

カリヨン橋 新宿
ご記憶されている方もいらっしゃるかもしれませんが、かつては小田急ハルクの建物の壁面に「カリヨン時計」と呼ばれるからくり時計がかかっており、それが由来で「カリヨン橋」と名付けられたようです。「カリヨン(carillon)」とは「組み鐘」の事で、「教会の塔などに設置された演奏可能なベルの組み合わせ」のような意味があるとのことです。毎時(だったと思います)釣り鐘の演奏とともに、時計の下部が下にさがって開き、そこで動物などが踊っていたようなからくり時計と記憶しています。

カリヨン時計尾 カリヨン橋 新宿
nice!(216)  コメント(19)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:旅行

2017年 阿佐谷 七夕まつり (東京都 杉並区)

「2017年 第64回 阿佐谷 七夕まつり」の紹介です。JR中央線の阿佐ヶ谷駅(以前も紹介させて頂きましたが、駅名は「阿佐ヶ谷」ですが地名は「阿佐谷」表記となります)から続くアーケード街「阿佐谷パールセンター」を中心として複数の商店街が参加している旧暦の七夕時期に開催されるお祭りで、毎年、本ブログでも紹介させて頂いています。
全国規模ではないですが、約70万人が訪れて都内の七夕まつりとしては最大級だそうです。本年('17年)は第64回目となり8月4日(金)から8日(火)の5日間、開催されます。
今回、紹介させて頂く写真は開催前日の8月3日(木)に撮影したものとなります。

2017年 第64回 阿佐谷 七夕まつり
JR阿佐ヶ谷駅からスタートしました。


2017年 第64回 阿佐谷 七夕まつり


こちらが中心となる「阿佐谷パールセンター」と言うアーケード街の入り口となります。

2017年 第64回 阿佐谷 七夕まつり
開催期間は生ビールやつまみ系のお店も多数出店されますが、訪れたのは開催日前でしたので露店はまだ出店されていませんでしたので、コンビニで購入した缶ハイボールを飲みながら見学しました。
混み合ってもいませんでしたので写真を撮るにはちょうど良かったです。紹介も写真の羅列となってしまいます。。


2017年 第64回 阿佐谷 七夕まつり
2017年 第64回 阿佐谷 七夕まつり


2017年 第64回 阿佐谷 七夕まつり
2017年 第64回 阿佐谷 七夕まつり
伝統的な「吹流し」もありますが、「張りぼて」が多いのも特徴です。

2017年 第64回 阿佐谷 七夕まつり
開催時にこれらの張りぼてが審査され「賞」が与えられます。

2017年 第64回 阿佐谷 七夕まつり
2017年 第64回 阿佐谷 七夕まつり
2017年 第64回 阿佐谷 七夕まつり
Tシャツも売られています。柄は異なりますが、以前、購入したTシャツがありますので、それを着て今週末に再度訪れてみたいと思います。

2017年 第64回 阿佐谷 七夕まつり
おまけです。
「阿佐谷パールセンター」の中にある「東京じゃじゃ麺 まるきゅう」さんです。2017年5月にオープンした新しいお店となります。盛岡三大麺(他は「わんこそば」と「冷麺」と聞いています)の一つである「じゃじゃ麺」をアレンジしたメニューの お店とのことです。 まだ伺った事がないので、機会があれば訪れて見たいと思いました。

東京じゃじゃ麺 まるきゅう 阿佐ヶ谷

nice!(209)  コメント(15)  [編集]
共通テーマ:地域

和田堀公園・武蔵野園・ラーメンあいはらや (東京都 杉並区)

「和田堀公園」。「武蔵野園」、「ラーメンあいはらや」さん等の紹介です。 前回の「善福寺川緑地・杉並児童交通公園 (東京都・杉並区)」からの続きとなります。「杉並児童交通公園」を後にして、善福寺川沿いの緑地を相方と2人で散策しました。
以前にも紹介させて頂いたことがありますが、善福寺川に沿う都立公園で途中で公園名が「善福寺川緑地」から「和田堀公園」に変わりますが、緑地帯として続いていますので、歩いていると公園の差は意識しないです。
川沿いに咲く「オシロイバナ」です。相方に教えてもらいこれが「オシロイバナ」であることをしりました。

和田堀公園 善福寺川
以前にも紹介させて頂いたことがありますが、ここは善福寺川に沿う都立公園で途中で公園名が「善福寺川緑地」から「和田堀公園」に変わりますが、緑地帯として続いていますので、歩いていると公園の差は意識しないです。
しばらく歩いて行くと「つり堀・お食事 武蔵野園」と言う看板の建物が見えます。本年(’17年)の桜が終わった新緑の季節に同じコースを1人で散策した際にも立ち寄り、その時の事はブログでも紹介させて頂きましたが、相方は訪れた事がないお店となりますので、今回も立ち寄りました。

前回紹介させて頂いた時の記事です:
http://bonsan-memory.blog.so-net.ne.jp/2017-04-28

つり堀・お食事 武蔵野園
これも以前の記事で触れさせて頂きましたが、このお店はテレビ東京の番組「孤独のグルメ」でも紹介されたそうです。

テレビ東京での紹介:
http://www.tv-tokyo.co.jp/kodokunogurume1/story/chapter5.html

つり堀・お食事 武蔵野園 孤独のグルメ
釣り堀の見える席に座りました。 食事処と釣り堀の間には透明のビニールシートがありますので、写真が少々不鮮明になってしまいました。

つり堀・お食事 武蔵野園
私たちが訪れたのは11時少し前でいたが、食べログによるとこのお店は朝9時からやっているそうです。昼飲みどころか朝飲みも出来るお店です。

食べログ:
https://tabelog.com/tokyo/A1318/A131805/13140021/

つり堀・お食事 武蔵野園
ランチは別途、食べようと思っていましたので、軽くつまみだけを頂きました。

つり堀・お食事 武蔵野園
コリコリとした食感のタコの唐揚げです。

つり堀・お食事 武蔵野園
「武蔵野園」さんで小休止を取り、その近くにある「杉並区立郷土博物館」に立ち寄りました。杉並区の歴史に触れられる場所となります。初めて訪れたのですが、今回は時間の関係であまりゆっくりと見学が出来ませんでしたので、改めて訪れて見たいと思っています。

杉並区立郷土博物館
「杉並区立郷土博物館」を後にして、ここからはバスで東京メトロの「新高円寺駅」に向かいました。

杉並区立郷土博物館
お店を決めていたわけではないですが、「新高円寺駅」周囲でランチを頂こうと、お店を探しました。
「本日最終日」と書かれたお店がありましたので、近づいてみました。

ラーメンあいはらや
店舗を改装されるとの事で、改装前の最終日との事でしたので、この「ラーメンあいはらや」さんに訪れて見る事にしました。

DSC02122 e01
初めて訪れるお店となりますので、相方は、おすすめNo1の「ASP(あいはらやスペシャル)」にしました。

ラーメンあいはらや
私は「冷やし塩つけめん」にしました。

ラーメンあいはらや
「ASP(あいはらやスペシャル)」です。「72時間熟成濃厚豚骨スープ」が麺にからみ美味しい一品でした。

ラーメンあいはらや
こちらは「冷やし塩つけめん」です。

ラーメンあいはらや
塩ダレとりがらの透明なスープです。 つけ麺のタレでこの様な透明なスープは初めての経験でしたが、よく冷えたスープが細麺とも良く合いこちらも美味しく頂けました。

ラーメンあいはらや


 お腹が一杯になり帰路に着きました。
前述させて頂きましたように「ラーメンあいはらや」さんは改装のため暫く休業されて、’17年8月20日(日)にリニューアルオープンとのことです。
機会があれば、リニューアル後にも再訪してみたいと思いました。

「ラーメンあいはらや」さんのHPです:
http://www.aiharaya.com/index.html

善福寺川緑地・杉並児童交通公園 (東京都・杉並区)

「善福寺川緑地」と「杉並児童交通公園」の紹介です。 桜の季節にはこの善福寺川緑地を紹介させて頂いています。今回は‘17年7月に相方と訪れた時の紹介です。
善福寺川に沿った緑地となりますので、散歩にはちょうど良い感じです。

善福寺川緑地 杉並区
「アオサギ」でしょうか?

善福寺川緑地 杉並区
しばらく歩いて行くと川沿いにある「杉並児童交通公園」につきます。

杉並児童交通公園
1972(昭和47)年に開設された杉並区立の公園です。子供の頃に数回訪れた記憶がありますが、かなり久しぶりの再訪です。

杉並児童交通公園
入ってすぐ左手には駅舎を模した建物があり中に入ることが出来ます。

杉並児童交通公園
駅舎風の建物の中に何かがあるわけではないですが、2階部分から公園の全景を眺められます。
写真では分かりにくいですが、ミニチュアサイズの信号機や交通標識が設置されていて、そこを無料貸出の足こぎ式ゴーカート・自転車や持ち込みの自転車で通行することで交通ルールを学べる公園となっています。

杉並児童交通公園 
列車が通過するわけではないですが、時々、警報音とともに赤ランプが点滅してました。

杉並児童交通公園
「すぎなみえき」と書かれた改札口風の入口があります。

杉並児童交通公園
こちらには蒸気機関車が静態保存されています。

杉並児童交通公園 D51-254
保存されているのはいわゆる「デゴイチ」で知られている「D51-254」です。

杉並児童交通公園 D51-254
運転席内部にも入ることができました。 訪れたのは週末となりますので、小さなお子さんに蒸気機関車は占拠されているのかと予想していましたが、お子さん達の興味は、足こぎ式ゴーカートや自転車などの「動き物」のようで、蒸気機関車にいたのは私1人でした。

杉並児童交通公園 D51-254
蒸気機関車はモノクロ写真も似合うかと思い、撮影後、加工して見ました。

杉並児童交通公園 D51-254
「D51-254」は1938(昭和13)年に兵庫県 神戸市 須磨区にかつて設けられていた国鉄・鷹取工場で製造されたようです。

杉並児童交通公園 D51-254 
廃車後にここ「杉並児童交通公園」で保存されているとのことです。

杉並児童交通公園 D51-254 
「杉並児童交通公園」を後にして「善福寺川緑地」の散策を続けました。

善福寺川緑地 
「善福寺川緑地」の散策は次回に続きますので、今後ともどうぞよろしくお願いします。

nice!(236)  コメント(15)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:旅行

やきとん 地酒 こたろう-2 (東京都 杉並区)

やきとん 地酒 こたろう」さんの紹介です。東京メトロ、丸ノ内線の南阿佐ヶ谷駅から徒歩1分程度の場所にあり、’15年5月に開店した居酒屋さんです。開店以来、年に数回お世話になっており、以前にも本ブログで紹介した事があるお店となります。 相方と2人で本年(’17年)6月に訪れた時の紹介となります。
以前の紹介記事です: http://bonsan-memory.blog.so-net.ne.jp/2015-07-26

やきとん 地酒 こたろう
上の写真はお店を出た後に撮影しましたので、結構、お客さんが入っていますが、私たちが入店した時刻はまだ店内は空いていました。 立ち寄ろうと思っても満席ではいれない事もありました。

やきとん 地酒 こたろう
こちらが定番のメニューとなります。やきとんや串焼きは1本から頼めるのが嬉しいです。

やきとん 地酒 こたろう 
訪れた日のおすすめメニューです。 定番と合わせるとそこそこの種類のメニューとなります。

やきとん 地酒 こたろう
おすすめのお酒も壁に貼られていました。

やきとん 地酒 こたろう
島根県の山根酒造さんの「日置桜」を頂きました。 受け皿にこぼれるほど注いでいただけるので、口をコップに近づけて飲みました。

やきとん 地酒 こたろう 
時間のかかる焼き物の前に、お酒のおつまみとして、この日のおすすめのホヤを頂きました。

やきとん 地酒 こたろう
こちらもこの日のおすすめの桜ユッケです。 いずれも日本酒に良く合いました。

やきとん 地酒 こたろう
そしてこちらはアボガドです。ワサビ醤油とマヨネーズで頂きました。

やきとん 地酒 こたろう
ヤングコーンとニンニクの芽の焼き串です。

やきとん 地酒 こたろう
訪れた日は平日の水曜日でしたが、翌日の事は考えずにニンニク揚げも食べました。

やきとん 地酒 こたろう 
やきとんです。 焼き鳥ではなく「とん(豚)」となります。 食感、味も良くこちらも日本酒に良く合いました。

やきとん 地酒 こたろう


その日のおすすめも結構あり、日本酒の種類も色々とありますので、今後も立ち寄りたいお店の1つです。


 

油そば専門店 山ト天 新宿西口ハルク店 (東京都 新宿区)

「油そば専門店 山ト天(やまとてん) 新宿西口ハルク店」さんの紹介です。 先日、「串かつ でんがな」さんを紹介させて頂きましたが、そのお店と同じ新宿 小田急百貨店の別館である小田急ハルクの地下3階にある「ハルチカ」に入店しているお店となります。
訪れたのは本年(’17年)6月の週末となり、その日は相方と別行動だったので、1人で訪れました。
デパートの中の飲食店街となりますが、昼呑み出来る「食堂酒場」です。

小田急ハルク ハルチカ
こちらは先日訪れてブログでも紹介させて頂いた「串かつ でんがな」さんです。
「串かつ でんがな」さんを紹介させて頂いた時の記事です:
http://bonsan-memory.blog.so-net.ne.jp/2017-06-19

串かつ でんがな 新宿西口ハルク店
この日はラーメンなどの麺類を食べたい感じでした。暑い中汗をかきながらラーメンを食べるのも悪くはないのですが、スープのないラーメンである油そばにしました。
このは先日、「串かつ でんがな」さんに訪れた時からその存在を確認してあった右手に見える「油そば」に向かいました。

小田急ハルク ハルチカ
東京名物とも言われている油ソバです。発祥のお店は諸説あるそうですが、1950年代に東京西部(多摩地区)が発祥と言われています。

油そば専門店 山ト天 新宿西口ハルク店
定番の「油ソバ」は以前、別のお店で頂いた事がありましたので、今回は「数量限定」の「坦坦油ソバ」にしてみました。

油そば専門店 山ト天 新宿西口ハルク店
「坦坦油ソバ」です。 アルコール類もありますが、この日は「油ソバ」だけを頂きました。

油そば専門店 山ト天 新宿西口ハルク店
食べ方には作法があるようです。以前、お伺いした別のお店でも同じような食べ方が表示されていたことを思いだしました。

油そば専門店 山ト天 新宿西口ハルク店
右から「ラー油」、「お酢」、「胡椒」、「辛味」となります。

油そば専門店 山ト天 新宿西口ハルク店
「よろしければ「山椒」もどうぞ」とお店の方から言われましたので、それもかけてみました。

油そば専門店 山ト天 新宿西口ハルク店
普通盛りとなりますので、「ラー油」、「お酢」を2周かけて、良くまぜました。そして他の香辛料類もかけて頂きます。

油そば専門店 山ト天 新宿西口ハルク店
色々な味がまざりあっていて、とても美味しく頂く事ができました。 スープがないので、大盛(+100円)でも食べられたかもしれません。特盛(+200円)もあるようでした。

油そば専門店 山ト天 新宿西口ハルク店 
「油ソバ」を食べた後は、新宿を散策しました。

新宿西口
新宿西口から東口に出ました。

新宿東口
ヤマダ電機等に立ち寄り帰路に着きました。

新宿東口


「油ソバ」は東京名物と言われていますので、お店によって味付けも多少異なるのかもしれません。機会があれば、別のお店でも食べて見たいと思いました。

-  |  次の10件 »
Copyright © ぼんさんの記憶帳 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます