So-net無料ブログ作成

高瀬渓谷 (長野県 大町市) 信州・新潟旅行-4

「高瀬渓谷(長野県 大町市)」の紹介です。本年(’17年)7月末に相方と2人で、信州・新潟方面にツアー旅行(2泊3日)に行った時の紹介となり、前回の「御射鹿(みしゃか)池 (長野県 茅野市) 信州・新潟旅行-3」からの続きとなります。
「高瀬渓谷」にある「高瀬ダム」は「黒部ダム(富山県)」の186mに次ぐ日本第二位の高さ176mとなり、東京電力が管理する発電用ダムとのことです。
「七倉口」から「高瀬ダム」に向かうのですが、一般車両、観光バスなどは通行が出来ず、許可を得た特定タクシーを利用することになります。

高瀬渓谷 七倉口
高瀬渓谷 七倉口
タクシーが常に常駐しているのかは分かりませんが、私たちはツアーで訪れましたので、あらかじめツアーの人数が乗れる分のタクシーが手配されていました。
ツアー料金に含まれていましたが、個人で乗ると片道、約2,200円(約15分)するそうです。

高瀬渓谷 七倉口
トンネルを抜けてダムの上までタクシーで登っていきます。左右に斜めの線が見えますが、つづら折りになっている道となります。

高瀬ダム
上まで到着しました。振り返るとタクシーで登ってきたつづら折りの道、後続のタクシーが見られました。

高瀬ダム
「高瀬ダム」です。エメラルドグリーンの湖水でしられているとのことです。 訪れた時は雲がやや多めで、湖面の色がエメラルドグリーンであることは分かりましたが、太陽がさせばより美しいことと思います。

高瀬ダム
ここから徒歩でトンネル(約400m)を抜けていきます。

高瀬ダム トンネル
間もなくトンネルの出口です。

高瀬ダム トンネル
トンネルを抜けて次は「不動沢のつり橋(約170m)」を渡ります。

高瀬ダム 不動沢のつり橋

高瀬ダム 不動沢のつり橋
「不動沢のつり橋」を渡ったあたりではキャンプも出来るようでした。

高瀬ダム 不動沢のつり橋
さらにこのような道を進んでいきます。

高瀬ダム
道を降りたところからは「濁沢(にごりさわ)の滝」が見られました。 時間の関係で滝の近くまでは行くことが出来ず、ここから戻りました。

濁沢(にごりさわ)の滝 高瀬ダム
滝のあたりからも背後に「高瀬ダム」を見る事ができました。

濁沢(にごりさわ)の滝 高瀬ダム
帰路も「高瀬ダム」からツアーバスの待つ「七倉口」までタクシーで戻りました。
訪れたのは本年(’17年)の7月となりますが、まだ紫陽花が綺麗に咲いていました。この辺りの標高は1,000m位だと思います。

高瀬渓谷
そこそこ歩いて良い汗をかきました。 ツアーバスでビール「信州 安曇野浪漫」を飲みながら1日目の宿泊先である「松代温泉」に向かいました。

安曇野浪漫 ビール
今回、紹介させて頂いた「高瀬渓谷/高瀬ダム」の場所はこちらとなります。




↓「高瀬渓谷」は「長野県 大町市 観光公式サイト」に詳しい案内が記載されています。
http://www.kanko-omachi.gr.jp/takase_gorge/

本年(’17年)7月に訪れた信州・新潟旅行記は何回かに渡り紹介させて頂きますので、今後もどうぞよろしくお願い申し上げます。
nice!(228)  コメント(17)  [編集]
共通テーマ:旅行

御射鹿(みしゃか)池 (長野県 茅野市) 信州・新潟旅行-3

「御射鹿(みしゃか)池」の紹介です。本年(’17年)7月末に相方と2人で、信州・新潟方面にツアー旅行に行った時の旅行記となり、前回の「新宿駅から茅野駅まで 信州・新潟旅行-2」からの続きとなります。
「御射鹿池」は今回のツアーで訪れるまでは存じ上げませんでしたが、東山魁夷画伯の名画「緑響く」のモデルになったとも言われています。
また、吉永小百合さんが出演したシャープの液晶テレビ「AQUOS」のテレビCMにも使われた場所となります。
農業用水のため池で、酸性が強いため魚などは生息できないそうです。

御射鹿(みしゃか)池
湖面に映る木々の緑色がとても美しかったです。

御射鹿(みしゃか)池 
御射鹿(みしゃか)池
訪れた日は幸いにも天候にも恵まれ、他の観光客の方もあまりいませんでしたのでゆっくりと景観を眺めることができました。

御射鹿(みしゃか)池
池に映る木々は油絵で描かれたような美しさがありました。

御射鹿(みしゃか)池
いつまでも眺めていたい景観です。
「トリップアドバイザー」での紹介です:
御射鹿池

御射鹿(みしゃか)池 
御射鹿(みしゃか)池 
「御射鹿池」を後にして、次の訪問地である「高瀬渓谷」に向かいました。
かなり曲がりくねった道を走ります。

御射鹿(みしゃか)池
途中、「長野自動車道」の「梓川サービスエリア(長野県 安曇野市)」で休憩をとりました。

梓川サービスエリア(長野県 安曇野市)
「野沢菜」や「おやき」など、信州にいることを感じさせます。

梓川サービスエリア(長野県 安曇野市) 
梓川サービスエリア(長野県 安曇野市) 
「諏訪市民のソウルフード」とも言われている「ハルピンラーメン」です。ニンニク・信州味噌・唐辛子などで味付けられているとのことです。
「トリップアドバイザー」での紹介です:
ハルピンラーメン

ハルピンラーメン
私たちは野沢菜入りのおやきを購入して、ツアーバスの車内で信州の味を楽しみました。

野沢菜入りおやき
ツアーバスは安曇野市(長野県)内を走っていきます。

長野県 安曇野市
道路沿いにはお蕎麦屋さんも何軒かありました。

長野県 安曇野市
直射日光を避けるために覆いがしてありますが、こちらはわさび田となります。
機会があれば安曇野で地元のわさびとお蕎麦を食べてみたいと思いました。

長野県 安曇野市
次の訪問地である「高瀬渓谷(長野県 大町市)」はもうすぐです。

高瀬渓谷(長野県 大町市)
今回、紹介させて頂いた「御射鹿(みしゃか)池」の場所はこちらとなります。




本年(’17年)7月に訪れた信州・新潟旅行記は何回かに渡り紹介させて頂きますので、今後もどうぞよろしくお願い申し上げます。

nice!(231)  コメント(18)  [編集]
共通テーマ:旅行

新宿駅から茅野駅まで 信州・新潟旅行-2

「新宿駅」から「茅野駅(長野県)」までの紹介です。本年(’17年)7月末に相方と2人で、信州・新潟方面にツアー旅行に行った時の旅行記となり、前回の「JR新宿駅 新南口 信州・新潟旅行-1」からの続きとなります。
ツアーの集合場所のJR新宿駅の新南口から乗車する列車が出発するホームに向かいました。
事前にJRの切符が送られてくるわけではなく、団体扱いでツアー参加者が添乗員さんに付いて一緒に改札口から入場することになります。
10番線発の「あずさ7号」に乗車して「茅野駅」まで向かいます。

新宿駅 あずさ7号
表示は「回送」ですが、今回、「茅野駅」までお世話になる「あずさ7号」です。

新宿駅 あずさ7号
今回のツアーは往路はグリーン車が利用できるプランになっていました(帰路は上越新幹線の普通席)。

あずさ7号 グリーン車
利用される方はあまり多くないのか、グリーン車は8号車の半分だけで、定員は28名だと思います。

あずさ7号 グリーン車
私たちのツアー参加者が約20名でしたので、この車両はほとんどが同じツアーの方となりました。

あずさ7号 グリーン車
JR中央線の「豊田駅」西方にある「豊田車両センター」を通過して進んで行きます。

豊田車両センター
昼食は各自が準備して、列車あるいはツアーバスの中で食べる事になっていましたので、私たちは朝食も兼ねて列車内で頂きました。
前回も触れさせて頂きましたが、ツアーの集合場所であるJR「新宿駅 新南口」の「エキソト(改札口の外)」で集合時刻の8時前に空いているお店は7時から開店している「DEAN & DELUCA CAFE(ディーン&デルーカ カフェ)」さんくらいのようで、そこで購入した「冷やし翡翠担々麺」です。

DEAN & DELUCA CAFE(ディーン&デルーカ カフェ)冷やし翡翠担々麺
麺にホウレン草パウダーを混ぜて緑色を出しているそうです。写真には写っていないですが、ピリ辛の風味がアルコールにも良く合いました。

DEAN & DELUCA CAFE(ディーン&デルーカ カフェ)冷やし翡翠担々麺
こちらも「DEAN & DELUCA CAFE(ディーン&デルーカ カフェ)」さんで購入したサンドイッチとなります。 アルコールも飲みながらでしたので、そこそこお腹が一杯になりました。

DEAN & DELUCA CAFE(ディーン&デルーカ カフェ)サンドイッチ
「甲府駅」に到着です。目的地の「茅野駅」まではあと45分くらいとなりました。

甲府駅
「茅野駅」に到着です。

茅野駅
「縄文」の文字が見られますが、茅野市の土中からは縄文時代の数多くの集落遺跡が発掘されているそうです。
また、1986年(昭和61)年には、妊婦をかたどっている土偶が発掘され、これは「縄文のビーナス」と呼ばれており、国宝にも指定されているとのことです。

茅野 縄文時代
「茅野駅」前に静態保存されているSL(C12 67 )です。このSLは1933(昭和8)年から1973(昭和48)年までの40年間、全国各地に配置され、活躍していたとのことです。

茅野駅 SL C12 67
「茅野駅」からツアーバスで最初の訪問地である「御射鹿(みしゃか)池(長野県 茅野市)」に向かいました。
前述のようの今回のツアー参加者は20名程度でしたので、ツアーバスも1人で2席使えるくらいの余裕があって楽でした。

茅野駅から御射鹿(みしゃか)池


本年(’17年)7月に訪れた信州・新潟旅行記は何回かに渡り紹介させて頂きますので、今後もどうぞよろしくお願い申し上げます。

nice!(241)  コメント(19)  [編集]
共通テーマ:旅行

JR新宿駅 新南口 信州・新潟旅行-1

JR新宿駅の新南口の紹介です。’17年7月末に相方と2人で、信州・新潟方面にツアー旅行(2泊3日)に行った時の旅行記となります。今回も最近、よく利用している「阪急交通社」さんのツアーを利用致しました。
ツアーの集合場所がJR新宿駅の新南口でした。
新宿駅は毎日の通勤での乗換駅となりますが、北側を利用しているので、南口側はほとんど知らないのです。
また、この辺りは「バスタ新宿(正式名称は「新宿南口交通ターミナル」と言うそうです。)」や「JR新宿ミライナタワー」なども出来て、以前とはかなり変わった場所となります。
「バスタ新宿」から出発するバスの案内です。かなりの本数のバスが出ていることがわかりました。


バスタ新宿 新宿南口交通ターミナル
「高島屋」などこちらの風景は馴染みがありますが、新南口の駅構内は不慣れな場所となります。
写真左側の赤丸部に銅像らしき物が見えますので近寄って見ました。

Suicaのペンギン広場
なにやらペンギンのようです。

Suicaのペンギン広場
「JR東日本」の電子マネー「Suica」をご利用されている方ならご存じかと思いますが、そのキャラクターである「Suicaのペンギン」です。

Suicaのペンギン広場
そしてこの辺りは「Suicaのペンギン広場」と言うそうです。 新宿駅の新南口を良く利用される方は、この辺りを待合場所などで使われるのかもしれませんが、私は初めて知りました。

Suicaのペンギン広場
新宿駅に発着する電車も見られます。 この辺りは「新宿駅」と言っても甲州街道の南側になりますので、区としては「渋谷区」になります。

新宿駅 新南口
先述のように新宿駅の新南口は馴染みの薄い場所となりますので、駅構内で迷ってツアーの待ち合わせ時刻に間に合わなかったり、列車で食べる朝食を購入する場所があるかを調査するために、会社帰りに寄り道して事前に調べておきました。
私たちが参加した今回のツアーの待ち合わせ場所は新南口改札口の外側(エキソト)です。これだけ大きな駅であれば、エキソトにキヨスクやコンビニ等がありそうに思いますが、待ち合わせ場所の近くにはそれらは無いことが事前調査でわかりました。

新宿駅 新南口 エキソト DEAN & DELUCA CAFE(ディーン&デルーカ カフェ)
待ち合わせ時刻の8時までにこの辺り(エキソト)で空いているお店は7時から開店している「DEAN & DELUCA CAFE(ディーン&デルーカ カフェ)」さんくらいのようでしたので、ここで車内で食べる物を購入しました。
JRを利用してくればエキナカのお店も利用できますが、新南口のエキナカのお店は朝の8時からのようでした。(新宿駅構内全てであれば早くから空いている「New Days」などはあると思います)
 
新宿駅 新南口 エキソト DEAN & DELUCA CAFE(ディーン&デルーカ カフェ
エキソトで食事が出来るお店としては「Food Hall」が朝の7時から開店していました。

新宿駅 新南口 エキソト Food Hall
おしゃれな飲み屋さんのようなお店が数件あります。

新宿駅 新南口 エキソト Food Hall
新宿駅 新南口 エキソト Food Hall
深夜バスで朝にバスタ新宿に到着される方なども利用されているのかもしれません。

新宿駅 新南口 エキソト Food Hall
朝は朝食用のメニューも用意されているようでした。 朝からお酒が飲めるかは分かりませんでした。

新宿駅 新南口 エキソト Food Hall
そろそろツアーの待ち合わせ時刻になりますので待ち合わせ場所に向かいました。
私たちは8時30分発の「あずさ7号」で「新宿駅」から「茅野駅」に向かいました。指定席は確保されていますが、この日の「あずさ7号」は満席のようでした。

あずさ7号
本年(’17年)7月に訪れた信州・新潟旅行記は何回かに渡り紹介させて頂きますので、今後もどうぞよろしくお願い申し上げます。

nice!(229)  コメント(14)  [編集]
共通テーマ:旅行

魚見亭 江の島-3 (神奈川県 藤沢市)

江の島(神奈川県)にある食事処「魚見亭」さんの紹介です。 8月25日(金)にお休みが取れ、天候もまずまずだったので、江の島に訪れてみることにしました。相方は仕事でしたので、1人で訪れた江の島となり、前回の「江の島-2 (神奈川県 藤沢市)」からの続きとなります。 
お土産物屋さんや飲食店が軒らねる通りを歩き岩屋の方に向かいました。
今回、江の島に訪れることを決めた時点で、立ち寄ろううと思っていた創業140年を誇る「魚見亭」さんです。
「魚見亭」さんのHPです: http://www.uomitei.com/


魚見亭 江の島
お店のなかはかなり広いです。

魚見亭 江の島
「魚見亭」さんには何回か訪れた事があるので事前に存じておりましたが、私が利用したのは海が一望出来るテラス席です。

魚見亭 江の島
そして、食べたかったのは「生しらす」です。 漁の状況によっては「生しらす」の入荷がない日もあるとの事ですが、この日は頂く事ができました。

魚見亭 江の島 生しらす
訪れた日は30度を超える暑い日でしたので、生ビールとともに美味しく頂く事ができました。

魚見亭 江の島 生しらす
テラス席からの眺めです。 「魚見亭」さんの脇の階段を降りていくと、こちらの海岸、浸食でできた「岩屋洞窟」まで行くことができます。
そして、この海岸から江の島と陸地をつなぐ「弁天橋」まで船を利用して戻ることができます(逆ルートもあります)。
そのようにして「江の島」を一周するつもりでしたが、この日はあいにく、船が欠航だったため、「岩屋洞窟」までは行かずに戻ることにしました。

魚見亭 江の島
往路と同じ道を通り、「江の島」から陸地に戻りました。

江の島 神奈川県
前述のようにこの日は30度を超える暑い日でしたので、かなりの水分補給をしながら歩きました。

江の島 神奈川県
前回、ご紹介させて頂いた「エスカー」は上りだけとなりますので、帰路は歩いて降りて行くことになります。 約60m程度の高低差なので、大変なことではないですが、途中、陸側の景色を眺め休憩を取りながら降りて行きました。

江の島 神奈川県
左の橋が陸とつながっている橋となります。歩道と車道が分かれていて、歩道は「弁天橋」、車道は「江ノ島大橋」と言うそうです。

江の島 神奈川県
竜宮城を模した小田急線の「片瀬江ノ島駅」まで戻ってきました。 江ノ島電鉄(江ノ電)の「江ノ島駅」はこの近くにあり、「江ノ電」に乗って、鎌倉まで行こうかとも考えましたが、この日はそのまま戻ることにしました。
尚、この近くには「大船駅」まで通じている湘南モノレールの「湘南江の島駅」もあります。

片瀬江ノ島駅
訪れたのは平日となり、「片瀬江ノ島駅」から「新宿駅」直通のロマンスカーの本数が少ないので、「藤沢駅」まで出て、「藤沢駅」から、湘南新宿ライン(JR線)で「新宿駅」まで向かうことにしました。

藤沢駅 湘南新宿ライン
平日の昼間だったので、グリーン車も空いていました。

湘南新宿ライン グリーン車
「江の島」か「江ノ島」か?
今回の記事を書く際に「江ノ島」と書き始めていたのですが、Wikipediaで調べて見ると住所や島の正式名は「江の島」であることがわかりました。
1966年(昭和41)年10月1日に住所表示は「江の島」に統一されたそうです。
駅名表記はばらつきがあり、江ノ島電鉄や小田急江ノ島線の駅名はそれぞれ「江ノ島駅」「片瀬江ノ島駅」、湘南モノレールの駅名は「湘南江の島駅」になります。
また、神社は「江島神社」表記になるそうです。

本年('17年)の8月に訪れた「江の島」旅行記は今回で最終回です。今までお付き合いいただきありがとうございました。 今後もどうぞよろしくお願い申し上げます

nice!(223)  コメント(19)  [編集]

江の島-2 (神奈川県 藤沢市)

江の島(神奈川県)の紹介です。 8月25日(金)にお休みが取れ、天候もまずまずだったので、江の島に訪れてみることにしました。相方は仕事でしたので、1人で訪れた江の島となり、前回の「新宿から江の島(神奈川県)まで 江の島-1」からの続きとなります。
前回も紹介させて頂きましたが、「島」と言っても橋で繋がっていますのであるいて上陸できます。
江の島の一番高い場所は標高60m位ありそこまで登っていくことになります。


江の島 神奈川県
江の島は今から約1,500年前からの歴史があるようです。

江の島 神奈川県
先述しましたように約60mの標高差を登る事になりますが、「エスカー」と言う乗り物を利用することが出来ます。これを利用すると歩くと約20分かかるところを約5分となります。

江の島 エスカー 神奈川県
「エスカー」と言うのは屋外に設置されたエスカレーターとなり、3区間を順番に乗ることになります(上図左の1から3)。 2区、3区からの途中乗車も可能です。
小学校時代の遠足でも「江の島」に訪れた事があり、その時にもすでにこの「エスカー」は存在していました。 調べて見たところ、1959(昭和34)年に開業したそうです。
1区から3区までの全区間を「エスカー」を利用しました。(全区間利用で大人360円(’17年8月現在)です)

江の島 エスカー 神奈川県
次の区間に乗る際には外を少し歩くことになりますが、乗り場の案内も出ていますし、神社なども見学しながら進めます。

江の島 エスカー 神奈川県
江の島 エスカー 神奈川県
神社だけで無く、美しい海の景色も見る事ができます。

江の島 神奈川県
「エスカー」で上まで登ると、「江の島サムエル・コッキング苑」と言う植物園とその中にある「江の島シーキャンドル(展望灯台)」へ訪れる事が出来ます(有料施設です)。
以前、訪れた事はありますが、今回はこちらには立ち寄らず先に進みました。

江の島サムエル・コッキング苑
「江の島シーキャンドル(展望灯台)」は2003(平成15)年にリニューアルされ、避雷針まで入れた高さは59.8m(海抜119.6m)あるそうです。

江の島シーキャンドル(展望灯台)
訪れた日は気温が35度くらいあったように思います。ペットボトルで水分を補給しながら歩きました。
水浴びしているスズメも見られました。

江の島 神奈川県
ここちよい潮風を受けながら先に進みました。

江の島 神奈川県
この辺りからも富士山を眺める事ができました。

江の島 富士山 神奈川県
「岩屋」の方に向かいますが、この辺りは左右にお土産物屋さんや飲食店が軒を連ねています。

江の島 神奈川県
江の島 神奈川県
江の島 神奈川県
本年(’17年)8月に訪れた「江の島」旅行記はもう一回続きますので、今後もどうぞよろしくお願い申し上げます。

nice!(238)  コメント(17)  [編集]
共通テーマ:旅行

新宿から江の島(神奈川県)まで 江の島-1

新宿から江の島(神奈川県)までの紹介です。 本年(’17年)の東京は8月は1日から21日まで21日連続の雨降りとなり8月としての降水記録としては、1977年以来の40年ぶりの長雨となりました。
そのため、8月は夏休み期間中も含め出かける機会が少なかったです。
8月25日(金)にお休みが取れ、天候もまずまずだったので、江の島に訪れてみることにしました。相方は仕事でしたので、1人で訪れた江の島となります。
江ノ島までは小田急線の「新宿駅」から「片瀬江ノ島駅」までロマンスカーで向かいました。
「新宿駅」の西口に到着です。

新宿駅 西口
小田急線の「新宿駅」からロマンスカーに乗ります。

小田急線 新宿駅
「新宿駅」8時53分発の「えのしま9号」です。ロマンスカーEXE(30000形)と言う車両になります。

ロマンスカー えのしま号 EXE 30000形
「焼酎ハイボール」を飲みながら「片瀬江ノ島駅」に向かいました。

焼酎ハイボール
「藤沢駅」で進行方向が逆になります。

小田急線 藤沢駅
定刻の10時02分に「片瀬江ノ島駅」に到着です。小田急江ノ島線の終着駅となります。

片瀬江ノ島駅
「片瀬江ノ島駅」の駅構内(改札の中)には顔ハメもありましたが1人で訪れたので、撮影はあきらめました。

片瀬江ノ島駅 顔ハメ
8月の下旬とは言えまだ夏休み期間中だったのでロマンスカーもそこそこ混んでいました。

片瀬江ノ島駅
「片瀬江ノ島駅」の駅舎です。 「竜宮城」を模していて、関東の駅百選にも選定されるそうです。
築90年を経ていてまた、江の島ヨットハーバーは2020年の東京オリンピックでセーリング会場に予定されていることから、立て替えの話もあるそうです。
尚、江の島は前回(1964年)の東京オリンピック時にはもヨット競技会場として使用されています。

片瀬江ノ島駅 駅舎 竜宮城
「片瀬江ノ島駅」を出ると江の島はすぐ右手に見えてきます。

江の島
島と言っても橋で繋がっていますので歩いて上陸することができます。

江の島
橋の途中から船で江の島の裏手の「岩屋洞窟」までも行くことが出来ます。逆ルートの船もありますので、「岩屋洞窟」まで歩いて帰路は船で戻るつもりでしたが、この日は船が欠航でしたので、帰路も島内を歩いて戻ることにしました。

江の島 
橋を渡り江の島に向かいます。右手を見ると富士山を見る事ができました。

江の島
この辺りから富士山が見られる事は存じておりましたが、この日はそんなに空気が澄んでいたわけではないので、期待してはいませんでしたが、遠くに富士山の輪郭を眺める事ができました。

江の島
間もなく江の島に上陸です。この建物はは2004年に開業した「江の島アイランドスパ」となります。

江の島アイランドスパ 
天然温泉などのある施設となります。今回は立ち寄る事は出来ませんでしたが機会があれば訪れて見たいです。

江の島アイランドスパ
江の島の一番高い場所は標高60m位あり、そこまで登っていくことになります。

江の島 
本年(’17年)8月に訪れた「江の島」旅行記は次回に続きますので、今後もどうぞよろしくお願い申し上げます。

nice!(241)  コメント(21)  [編集]
共通テーマ:旅行

2017年 家庭菜園 ・ 緑のカーテン (日常)

家庭菜園 ・緑のカーテン等の紹介です。本年(2017年)の8月末に撮影した庭の写真となります。
プランターで毎年、野菜を作っています。今年も昨年と同様にナス、キュウリ、トマトを植えました。
本年(’17年)の東京は8月は1日から21日まで21日連続の雨降りとなり8月としての降水記録としては、1977年以来の40年ぶりの長雨となり、日照時間も短かったせいか例年のような収穫は出来ませんでした。
ミニトマトはそこそこの収穫は出来ましたが、そろそろ終わりのようです。

家庭菜園
茄子もそろそ終わりのようです。 右のプランターはキュウリとなりますが、かなり前に枯れてしまいました。

家庭菜園
いつからかは分かりませんが庭に自生しているミョウガとなります。

家庭菜園
天候不順にもかかわらず、ミョウガの収穫は期待できそうです。

家庭菜園
蚊に刺されながら、そこそこの収穫ができました。

家庭菜園
残念だったのは緑のカーテンです。 以前、植えた朝顔から種が落ちて、ここ数年は朝顔が自生して緑のカーテンとなっています。
本年(’17年)は天候不順のせいもあるのか、そこそこ発芽はしたものの、あまり成長しませんでした。

緑のカーテン
昨年(’16年)の同時期の緑のカーテンです。 昨年は2階まで到達していましたが、今年(’17
年)はそれと比べると成長に差がありました。

緑のカーテン
種が落ちて自生している朝顔となりますので、ヒマワリにも巻き付いています。

ヒマワリ
朝顔の花は今しばらく楽しめそうです。

ヒマワリ
ヒマワリは首が下を向いてきて、そろそろ終わりのようです。

ヒマワリ


おまけ-1: マッサージチェア



2006年から使用していたNationalブランドのマッサージチェア「アーバンフィット EP2200」です。この製品は2002年に発売されたそうで、生産終了後に比較的安価で購入したと記憶しています。
本年(’17年)5月に故障してしまいました。

アーバンフィット EP2200
狭い部屋にも置けるコンパクトタイプで満足度は高かったのですが、購入から10年以上、発売から15年も経っているので修理はせずに買い換えることにしました。

アーバンフィット EP2200
狭い部屋に置けるコンパクトタイプが候補でしたが、相方と家電量販店で試用してみた結果、高機能の製品の方がやはりマッサージ機能が優れているとの結論に達し、Panasonicの「EP-MA97M」を購入することにしました。
仕事でも家でもPCのキーボードを使う機会が増えているので、腕のマッサージ機能が付いていること、ツボがたくさんあると言われている足裏マッサージ等の機能もあるので今まで使用していた製品よりも多少、高価にはなりますが、この機種にしました。

Panasonic EP-MA97M
狭い部屋とはなりますが、何とか設置することができました。
購入時に既に分かっていたことになりますが、現在は「EP-MA98M」と言う8月発売の新製品が最新機種となります。

Panasonic EP-MA97M


おまけ-2: カール



いままで、定常的に食べていたわけではないですが、無くなると言われると食べたくなります。
東京など東日本では8月までの発売となる「カール」です。 先日、家の近くのコンビニで購入する機会がありました。
今後は関西方面に訪れる際にはお土産として買って帰ると喜ばれるかもしれませんね。

明治製菓 カール

nice!(237)  コメント(17)  [編集]
共通テーマ:趣味・カルチャー

七沢温泉(神奈川県 厚木市)から新宿まで

'17年8月に法要で小田原に相方と訪れ、その後、厚木郊外にある七沢温泉で1泊したときの紹介となり、前回の「七沢温泉 盛楽苑-2」からの続きとなります。
旅館での夕食は前回、紹介させて頂きましたが、朝食は付いていないプランを選びましたので、前日、小田原駅(改札外)にある「箱根ベーカリー(箱根湯本ホテルに本店のあるパン屋さん)」さんで購入したパンなどを部屋で食べてチェックアウト(10時)まで、温泉などに入りゆっくりとしていました。

箱根ベーカリー
貸し切り露天風呂も含めて温泉で疲れを癒やし美味しい夕食も頂く事ができました。

七沢温泉 盛楽苑
お世話になった「
七沢温泉 盛楽苑 」さんを後にして、本厚木駅まで向かう路線バスに乗るためにバス停まで歩きました。

七沢温泉 盛楽苑
セミの鳴き声を聞きながらバス停に向かいます。

七沢温泉 盛楽苑
七沢温泉 盛楽苑
今回は温泉ゆっくりして周囲の観光などはしませんでしたが、ハイキングをしても楽しいのかもしれません。

七沢温泉

七沢温泉
バス停(七沢病院入口)に到着です。宿泊した旅館からは徒歩7分程度でした。ここまで来ればコンビニもあります。

七沢病院入口 バス停
「七沢温泉」に別れを告げてバスは厚木市内に進んで行きます。

七沢温泉
「本厚木駅」に到着です。先日も紹介させて頂きましたが、私たちが訪れた週末は「第71回あつぎ鮎まつり大花火大会」が開催されていました。花火大会は見られませんでしたが、鮎まつりは「本厚木駅」周囲で見る事ができました。

第71回あつぎ鮎まつり大花火大会
鮎は旅館の夕食でも頂きましたので、ここでは食べずにお土産用に購入して、ピリ辛のチョリソーと生ビールを飲みながら「本厚木駅」周囲を散策しました。

第71回あつぎ鮎まつり大花火大会
露天もそこそこ出店されていました。

第71回あつぎ鮎まつり大花火大会
「本厚木駅」で購入した「彩りおこわいなり(夏)」をつまみながらロマンスカーで「新宿駅」までもどりました。

彩りおこわいなり(夏)さがみ庵
彩りおこわいなり(夏)さがみ庵
帰りのロマンスカーは東京メトロ千代田線にも乗り入れるいわゆる「青いロマンスカー(MSE(60000形))」でした。折り返しは「あさぎり号(「御殿場駅」行き)」と「えのしま号(「片瀬江ノ島駅」行き)」の運用になるようでした。

青いロマンスカー MSE 60000形
本年('17年)の8月に訪れた小田原、七沢温泉の旅行記は今回で最終回です。機会があれば東京の他の近場の温泉にも訪れて見たいと思いました。
今までお付き合いいただきありがとうございました。 今後もどうぞよろしくお願い申し上げます

nice!(228)  コメント(18)  [編集]
共通テーマ:旅行

七沢温泉 盛楽苑-2 (神奈川県 厚木市)

七沢温泉 盛楽苑 」さんの紹介です。 '17年8月に法要で小田原に相方と訪れ、その後、厚木郊外にある七沢温泉で1泊したときの紹介となり、前回の「七沢温泉 盛楽苑-1」からの続きとなります。
前回、紹介させて頂きましたように40分の貸し切り露天風呂で疲れを癒やし、一度、部屋に戻り冷蔵庫で冷やしておいた小田原駅で購入した神奈川県 松田町の「中澤酒造株」さんの「純米吟醸 琴姫」を頂いてから食事会場に向かいました。

中澤酒造株 純米吟醸 琴姫
宿泊したのは2階となりますが、食事会場は1階となります。こちらは1階のフロントです。

七沢温泉 盛楽苑
神奈川の地酒も色々とありましたが、部屋で飲んでしまいましたので夕食時はビールだけを頂きました。

七沢温泉 盛楽苑
本日のお品書きとなります。

七沢温泉 盛楽苑
前菜四種となります。公魚(わかさぎ)の南蛮漬けや鰻となり、お酒のつまみにちょうど良い感じです。

七沢温泉 盛楽苑
普段はあまり口にすることのない川魚のお刺身です。岩魚(イワナ)と紅鱒となります。

七沢温泉 盛楽苑
丹沢で育ち、ここ七沢で養生された岩魚です。

七沢温泉 盛楽苑
天麩羅となりますが、稚鮎も頂く事が出来ました。

七沢温泉 盛楽苑
鮎の塩焼きです。 前々回に厚木で「鮎まつり」が開催されそれに立ち寄ったことを紹介させて頂きましたが、そこでは鮎の塩焼きは食べませんでしたが、宿泊先で頂く事が出来ました。
清流で泳ぐ鮎を思わせる盛りつけで美味しく頂く事が出来ました。

七沢温泉 盛楽苑
鍋と鎌倉野菜は映っていませんが、「清川恵水(めぐみ)ポーク」の豚しゃぶとなります。
「清川恵水(めぐみ)ポーク」は神奈川県唯一の村である清川村の豊かな自然の中でじっくり育てあげた豚肉との事です。

七沢温泉 盛楽苑
ご飯にも鮎が入っていて美味しい締めとなりました。

七沢温泉 盛楽苑
じゃこと三つ葉のお吸い物もお酒を飲んだあとには良い感じでした。

七沢温泉 盛楽苑
デザートは伊勢原の石田牧場産の檸檬アイスです。

七沢温泉 盛楽苑
安価な宿泊プランを選んだので、夕食にはあまり期待をしていなかったのですが、地の物もふんだんに使った夕食で満足しました。
貸し切り温泉でもゆっくり出来て良い夢が見られそうです。部屋に戻り、ゆっくりと休みました。

七沢温泉 盛楽苑
「七沢温泉」旅行記はもう1回紹介させて頂きますので、今後もどうぞよろしくお願い申し上げます。


地の食材と四季の味 七沢温泉 盛楽苑

地の食材と四季の味 七沢温泉 盛楽苑

  • 場所: 神奈川 県厚木市 七沢 1811
  • 特色: ゆったりとした時間が流れる小さな宿。
    地の食材に拘った山懐石、露天風呂付き客室や美肌の湯を。

 

nice!(219)  コメント(16)  [編集]
共通テーマ:旅行
Copyright © ぼんさんの記憶帳 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます