So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
-  |  次の10件 »

安芸の湯 ドーミーイン広島(広島県 広島市 中区) 広島旅行-4

広島料理で宿泊したホテル「安芸の湯 ドーミーイン広島」さんの紹介です。 6月下旬に2泊3日で広島へ訪れました。前回の「かき船 かなわ(広島県 広島市 中区) 広島旅行-3」からの続きとなります。
前回、紹介させて頂きましたように広島空港からリムジンバスで広島市内に向かい、ホテルに荷物を預け周囲を散策しながら、「かき船 かなわ(広島県 広島市 中区)」さんで昼食を頂きました。
昼食後、ホテルのチェックイン時刻まで近くを散策しました。
この辺りは「紙屋町地区」となり、広島市内でも開けている場所の1つと聞きました。右手に「そごう」が見えますが、壁面の造形は「鯉のウロコ」を模しているそうです。
「広島東洋カープ」も「カープ(Carp=鯉)」ですが、「広島城」の別名「鯉城(りじょう)」からきているとの事です。広島城があった一帯は昔「己斐浦(こいのうら)」と呼ばれ、「己斐」の音が「鯉」に通じることから「鯉城」と呼ばれるようになったともいわれているそうです。


広島 そごう
広島のお土産と言うと「もみじ饅頭」をまず、思い浮かべますが、色々な進化形もあるようです。

広島 もみじ饅頭
「広島東洋カープ」関係のお土産も目に付きました。

広島東洋カープ
あと、飲食関係だとやはり、牡蠣、お好み焼きのお店が多くありました。

広島 牡蠣 お好み焼き
広島 牡蠣 お好み焼き
宿泊したホテルのある「100m通り」とも呼ばれる「平和大通り」に向かいました。

平和大通り 100m通り
2泊お世話になった「
安芸の湯 ドーミーイン広島」さんです。

安芸の湯 ドーミーイン広島
宿泊した部屋となります。

安芸の湯 ドーミーイン広島
宿泊した部屋からは「平和大通り(100m通り)」が見られました。「平和大通り(100m通り)」は1965(昭和40)年に開通し、日本の道100選の1つとのことです。道幅が100mある広い道となります。
ホテルの他の部屋の事はよくわからないですが、2枚目前のホテル全景の写真を見ると正面以外は他のビルに接しているように見えますので、正面の各階5部屋からしか外の景色が見られないように思いました(ホテルの裏側はよくわからなかったです)。
運良く正面の部屋でしたので、外の景色も見られ、外光が入り部屋が明るかったです。

安芸の湯 ドーミーイン広島
「平和大通り(100m通り)」には市電は走っていませんので、「中電前」と言う停留所が最寄りとなりますが、そこまでも徒歩5分以内で途中にはコンビニもありました。
「中電前」と言う停留場名は「中国電力本社」の最寄りであることに由来します。

広島市電 中電前
広島市電 中電前
ビジネスホテルとなりますが、男女別の大浴場があるのが嬉しいです(温泉ではないです)。

安芸の湯 ドーミーイン広島
私たちは朝食の無いプランでしたが、「夜鳴きそば」の無料サービスがありました(私たちが訪れた時は21:30〜23:00の間にそのサービスがありました。)

安芸の湯 ドーミーイン広島 夜鳴そば
醤油ラーメンだけのメニューになり、そんなに量が多いわけでは無いですが、夜食としてちょうど良い感じでした。

安芸の湯 ドーミーイン広島 夜鳴そば
本年(’18年)6月末に訪れた「広島旅行記」は数回に渡り紹介させて頂きますので、今後とも宜しくお願い申し上げます。

私たちが広島に訪れた約1週間後に西日本を中心とした記録的な大雨が発生しました。
お亡くなりになられた方々に心よりお悔やみを申し上げますとともに、被災された方々にお見舞いを申し上げます。


安芸の湯 ドーミーイン広島

安芸の湯 ドーミーイン広島

  • 場所: 広島県広島市中区小町3-28
  • 特色: 全室Wi-Fi完備!夜通しご利用可能な男女別の大浴場!朝食は50種類以上の和洋バイキング♪
nice!(164)  コメント(12)  [編集]
共通テーマ:旅行

かき船 かなわ(広島県 広島市 中区) 広島旅行-3

広島料理のお店「かき船 かなわ」さんの紹介です。 6月下旬に2泊3日で広島へ訪れました。前回の「東京から広島まで-2 広島旅行-2」からの続きとなります。
前回、紹介させて頂きましたように広島空港からリムジンバスで広島市内に向かいました。空港からのリムジンバスは「広島バスセンター」行きは多いのですが、私たちが宿泊するホテルのある「平和大通り」まで乗り入れるバスは本数が少ないのです。 羽田から便が定刻に到着したので、運良く本数の少ない「平和大通り」まで乗り入れるバスに乗ることができました。「広島バスセンター」の次の停留所の「白神社(しらかみしゃ)前」で降りて、宿泊するホテルに荷物を預けて、近くを散策しました。
こちらの神社が「白神社」となります。

白神社(しらかみしゃ) 広島
広島市内は市電が何系統かあり移動にはとても便利です。


市電 広島
「かき船 かなわ」さんは右手の「元安川」にせり出したお店となります。左手には「原爆ドーム」が見られました。私は初めて見ることになります。原爆そして戦争で犠牲になられた方のご冥福と、世界平和を祈念して合掌させて頂きました。

原爆ドーム 広島
「かき船 かなわ」さんに到着です。

かき船 かなわ
訪れる候補に挙げておいたお店となりますが、事前には予約はしておらず、広島に着いてから電話をしたところ、「元安川」に面した席を利用できるとのことで、直前に予約してお伺いすることにしました。

かき船 かなわ
私たちが利用したのは1階の「瀬戸」と言う店舗となります。2階は「和久」と言う店舗となり、私たちが利用した「瀬戸」より高級なお店とのことです。

かき船 かなわ
他のメニューを見ると「スパークリングワイン」と「生牡蠣」2個のセットもありましたので、前菜としてこれも頂きました。

かき船 かなわ
「スパークリングワイン」好きな相方にも喜んでもらえたようです。

かき船 かなわ
「生牡蠣」が良く合いました。

かき船 かなわ
牡蠣が小粒のように見えますが、「プランクトン」だけを栄養に育てているそうで、その結果、小粒の牡蠣になっているそうです。

かき船 かなわ
かき船 かなわ
牡蠣、穴子も含め、広島、瀬戸内海の美味しい食材を使ったお料理を頂くことができました。

かき船 かなわ
牡蠣フライも小ぶりな感じですが、甘みが凝縮され美味しく頂く事ができました。

かき船 かなわ
訪れたのが平日の昼時だったせいか、お客さんも少なくゆっくりとランチを楽しむ事ができました。

「かき船 かなわ」さんのホームページです(東京の銀座にもお店があるようです)
http://www.kanawa.co.jp/index.html

かき船 かなわ

本年(’18年)6月末に訪れた「広島旅行記」は数回に渡り紹介させて頂きますので、今後とも宜しくお願い申し上げます。

私たちが広島に訪れた約1週間後に西日本を中心とした記録的な大雨が発生しました。
お亡くなりになられた方々に心よりお悔やみを申し上げますとともに、被災された方々にお見舞いを申し上げます。

nice!(207)  コメント(15)  [編集]
共通テーマ:旅行

東京から広島まで-2 広島旅行-2

東京から広島までの紹介です。 6月下旬に2泊3日で広島へ訪れました。前回の「東京から広島まで-1 広島旅行-1」からの続きとなります。
東京の上空を旋回して高度を上げた搭乗機は広島方面に進路を向けて進んで行きます。


東京上空
雲が多くはっきりとは見られませんでしたが、中央右手に見えるのは雲の傘をかぶった「富士山」です。左手に見える湖は「山中湖」となります。

富士山 山中湖
前回も紹介させて頂きましたが、朝7時発の便となり、その時間帯だとまだ「崎陽軒のシウマイ」を羽田空港で購入できないので、今回は「つきじ 丸武」さんの「親子サンド」にしました。
「つきじ 丸武」さんはテリー伊藤さんのご実家としても知られているな築地の玉子焼屋さんとなります。

’16年10月に築地市場に訪れてその際に、「つきじ 丸武」さんにも訪れたことを思い出しました。

その時のブログ記事です。
https://bonsan-memory.blog.so-net.ne.jp/2016-11-01

つきじ 丸武 親子サンド
「親子サンド」となりますので、カツはチキンです。

つきじ 丸武 親子サンド
飲み物はこんな感じです。「角ハイボール」はアルコール度数の高い「濃いめ」にすることが多いのですが、まだ朝早い時間だったので普通のにしました。

角ハイボール TOKYO CRAFT
「富士山」を通過後は雲の中を飛行していて、気がつけば、瀬戸内海が見られる場所まで来ていました。「倉敷(岡山県)」辺りの上空です。

倉敷 岡山県
「福山(広島県)」上空です。

福山 広島県
「尾道(広島県)」の手前辺りです。 「尾道」も機会があれば訪れて見たい場所です。

尾道 広島県 
徐々に高度に下げて「広島空港」に着陸となります。

広島空港
広島空港
初めて利用する「広島空港」に到着です。

広島空港
初めて訪れる場所となりますので、広島空港から市内までの交通機関はあらかじめ調べておきました。
宿泊先のホテルのある「広島バスセンター」方面のリムジンバスバスを利用しました。

広島空港 リムジンバス
「広島バスセンター」までは多くのバスがあるのですが、宿泊先のホテルは「平和大通り」に面しており、荷物をホテルに預けて散策をしたかったので、「平和大通り」まで乗り入れるバスを利用しました。 但し、「平和大通り」まで乗り入れるバスは本数が少ないのですが、幸い飛行機が遅れずに到着しましたので、「広島空港」発8:50のバスに乗ることができました。

広島空港 リムジンバス
広島のお土産品とと言うと「もみじ饅頭」を思い浮かべます。

広島 もみじ饅頭
「広島空港」からリムジンバスで、「平和大通り」の「白神社(しらかみしゃ)」バス停まで向かいました。

本年(’18年)6月末に訪れた「広島旅行記」は数回に渡り紹介させて頂きますので、今後とも宜しくお願い申し上げます。

私たちが広島に訪れた約1週間後に西日本を中心とした記録的な大雨が発生しました。
お亡くなりになられた方々に心よりお悔やみを申し上げますとともに、被災された方々にお見舞いを申し上げます。

nice!(205)  コメント(11)  [編集]
共通テーマ:旅行

東京から広島まで-1 広島旅行-1

東京から広島までの紹介です。 本年(’18年)6月下旬に2泊3日で広島へ訪れました。マイレージを使った特典旅行となり、羽田発朝7時の便で広島に向かいました。
朝7時の便に乗るためには最寄りの駅を朝4時台の電車に乗る必要がありますが、この季節は外も明るくまた、寒くもないので助かりました。


JR中央線
羽田空港に到着です。

羽田空港
この時間だと温める必要のある真空パックタイプの「崎陽軒のシウマイ」しか取り扱いがないため、今回はあきらめて別の食べ物にしました。

羽田空港 崎陽軒 シウマイ
羽田空港
そろそろ搭乗の時刻です。

羽田空港 
ゲートを離れ滑走路に向かいます。

羽田空港
離陸後は旋回して広島とは逆方向の千葉方面に向かいました。キラキラと光る東京湾を綺麗に見ることができました。

羽田空港から広島空港
離陸した羽田空港がはっきりと見られました。

羽田空港から広島空港
正面に見えるのは「東京スカイツリー」です。

羽田空港から広島空港
浦安上空で旋回し東京上空を通過して広島方面に向かいました。

東京ディズニーランド  東京ディズニーシー
ネズミの国(東京ディズニーランド / 東京ディズニーシー)を見ながら再び東京方面に向かいます。

東京ディズニーランド  東京ディズニーシー
左下に「皇居」、中央部辺りに「東京タワー」そして、右上部には先ほど離陸した「羽田空港」が見られました。

羽田空港から広島空港
ズームで撮影した「東京タワー」です。

羽田空港から広島空港
「レインボーブリッジ」が眼下に見えてきました。

羽田空港から広島空港
ズームで撮影した「レインボーブリッジ」です。

羽田空港から広島空港
離陸した「羽田空港」を見ながら西に向かっていきます。
私たちは3人掛けの1番に後ろの席でしたが、搭乗した便はそんなに混で無く、2人で利用できましたので、ゆっくりと広島までの空の旅を楽しめました。

羽田空港から広島空港


本年(’18年)6月末に訪れた「広島旅行記」は数回に渡り紹介させて頂きますので、今後とも宜しくお願い申し上げます。

私たちが広島に訪れた約1週間後に
西日本を中心とした記録的な大雨が発生しました。
お亡くなりになられた方々に心よりお悔やみを申し上げますとともに、被災された方々にお見舞いを申し上げます

nice!(212)  コメント(15)  [編集]
共通テーマ:旅行

飛騨高山(岐阜県 高山市)から東京まで 北陸旅行-10

「飛騨高山(岐阜県 高山市)」から東京までの紹介です。 本年(’18年)のGWに相方と2人で2泊3日のツアーで北陸旅行へ訪れた時の3日目の紹介となり、前回の「飛騨高山(岐阜県 高山市) 北陸旅行-9」からの続きとなります。
今回のツアーの最終訪問地となる「飛騨高山」に別れを告げて、「上田駅」に向かい「上田駅」から「北陸新幹線」で「東京駅」に戻りました。
約70分程度の滞在でしたが、「飛騨の小京都」とも言われる「飛騨高山」の町並みを楽しむ事ができました。


飛騨高山(岐阜県 高山市)
「飛騨高山」からツアーバスで「上田駅」に向かいます。 途中、車窓から見られた「ト伝の湯(ぼくでんのゆ)」です。こちらはこの近く(長野県 松本市 安曇)にある「
中の湯温泉旅館」さんの温泉でホテルから送迎してもらえるそうです。

ト伝の湯(ぼくでんのゆ)長野県 松本市 安曇 中の湯温泉旅館
「稲核(
いねこき)ダム(長野県 松本市 安曇 稲核)」です。こちらも車窓からの景色となりますが、犀川(梓川)上流部に建設された安曇3ダムの一つで、3ダムの中では最下流に位置し、1969(昭和44)年に完成したそうです。 



稲核ダム(いねこきダム) 
「長野自動車道」に「梓川サービスエリア」で最後のお手洗い休憩をとりました。
実は今回の2泊3日のツアーは、事前の天気予測によれば、3日とも雨模様だったのです。しかし、実際は、ツアー観光中は傘のお世話にはならず、最後の訪問地の「飛騨高山」から「上田駅」に戻る途中から雨が降り出しました。 自然現象なので自分での管理はできませんが、とても運が良かったです。

長野自動車道 梓川サービスエリア
「上田駅」に到着です。

上田駅 北陸新幹線
乗車予定の新幹線にはまだ時間がありましたが、お店で食事をするほどでは無かったので、新幹線の中で飲食する物を、駅の回りで探しました。 駅ナカにもお店がありますし、駅の外にもコンビニ(ローソン)がありました。
ラーメンの「武士(もののふ)」さんです。今回は立ち寄れませんでしたが、昨年(’17年)11月に「黒部アルペンルート」のツアー参加した際も、帰路は「上田駅」から「東京駅」に戻り、その際に時間があったのでこちらで夕食を頂いたことを思い出しました。

その時のブログ記事です:
https://bonsan-memory.blog.so-net.ne.jp/2017-12-30

上田駅 武士(もののふ) ラーメン
駅横の地下には地元系の料理を頂けるお店もあるようです。今(’18年)から約10年前の’08年3月に仕事で「上田駅」に来たことがあります。その時は「東都庵」さんと言うお店で食事をしました。そのお店は上述の「武士(もののふ)」さんの右横にあったと記憶してたのですが、そのお店は見当たらず、無くなったかと思ったのですが、駅横の地下にあるお店の看板には「東都庵」と言うお店が見られましたので、こちらに移転されたのではと思いました。

約10年前に「東都庵」さんに訪れた時のブログ記事です(ブログでの紹介は’13年となります)
https://bonsan-memory.blog.so-net.ne.jp/2013-03-16

東都庵 上田駅 
食事をするにはちょっと時間がなかったので、このような物(THE 軽井沢ビール)を飲みながら時間をつぶしました

THE 軽井沢ビール
楽しかった2泊3日の北陸旅行もいよいよ終わりです。「上田駅」で記念の顔ハメです。

真田 上田駅 顔ハメ
「上田駅」から「北陸新幹線」で「東京駅」に戻りました。

上田駅
新幹線内でのおつまみは「信州ハーブ鶏」と「信州のワイン」です。

信州ハーブ鶏 信州のワイン
「軽井沢駅」に到着ですが外が暗くて回りの雰囲気はよくわからなかったです。

軽井沢駅
「上野駅」に到着です。私たちは終点の「東京駅」まで向かいました。

上野駅


本年(’18年)のGWに2泊3日で訪れた「北陸旅行記」は今回で最終回となります。 今までお付き合い頂きありがとうございました。今後もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

nice!(211)  コメント(16)  [編集]
共通テーマ:旅行

飛騨高山(岐阜県 高山市) 北陸旅行-9

「白川郷(岐阜県)」から「飛騨高山(岐阜県 高山市)」の紹介です。 本年(’18年)のGWに相方と2人で2泊3日のツアーで北陸旅行へ訪れた時の3日目の紹介となり、前回の「白川郷から飛騨高山まで 北陸旅行-8」からの続きとなります。
「飛騨高山」に到着です。ツアーバスは下の地図の左上「高山別院 光曜山 照蓮寺」の横の駐車場に止めましたのでそこから散策を始めました。
「さんまち通り」と呼ばれている「上三之町」、「上二之町」、「上一之町」、「片原町」、「神明町4丁目」などの地域が「伝統的建造物群保存地区」となっています。
「飛騨高山」に訪れるのは初めてとなります。

飛騨高山(岐阜県 高山市)
「真宗大谷派」の寺院である「高山別院 光曜山 照蓮寺」の山門です。

高山別院 光曜山 照蓮寺
特に古い町並みがあるのは「上三之町」との事でしたので、そちらから巡って見ることにしました。

飛騨高山 上三之町
GW中との事もあり、多くの観光客で賑わっていました。 左右に作り酒屋さんで良くさがっている杉玉が見られましたので、立ち寄りました。

さんまち通り 飛騨高山
さんまち通り 飛騨高山
飛騨高山の上三之町で200年の歴史を刻む酒蔵「舩坂酒造店」さんになります。 奥に進むと中庭のようになっていて、こちらで購入した日本酒を飲むことができました。

飛騨高山 舩坂酒造店
「深山菊」の升酒です。テーブルにおいてある塩は手の甲にのせてなめながら日本酒を飲むと甘みがますとのことです。

飛騨高山 舩坂酒造店 深山菊
日本酒を少し飲んで気持ちも良くなったところで、風情のある町並みの散策を続けました。

さんまち通り 飛騨高山
この古い町並みにその佇まいに合ったお医者さんもありました。こちらは歯医者さんです。

さんまち通り 飛騨高山 歯科医院
そしてこちらは産婦人科のお医者さんです。

さんまち通り 飛騨高山 産婦人科
独特の書体ですが、森田茂画伯書とあり、茨城県下館の出身の洋画家の方が書かれたとの事です。

さんまち通り 飛騨高山 産婦人科 森田茂
「宮川」にかかる「中橋」まで行き、他の通りも散策しながらもどりました。

飛騨高山 宮川
「高山市政記念館」です。時間の関係で中には入れませんでしたが、この建物はは1895(明治28)年から1968(昭和43)年まで高山町役場(1936(昭和11)年11月からは市役所)として使用されていたそうです。

高山市政記念館
行列ができるほど混んでいる「飛騨牛」関係のお店もありました。

飛騨高山 飛騨牛にぎり寿司
約70分程度の滞在でしたが、「飛騨の小京都」とも言われる「飛騨高山」の町並みを楽しむ事ができました。
「飛騨高山」が今回のツアーの最後の訪問地となり、この後、ツアーバスで北陸新幹線の「上田駅」に向かい、東京に戻る行程となります。

本年(’18年)のGWに訪れた「北陸旅行記」はもう1回渡り紹介させて頂きますので、今後とも宜しくお願い申し上げます。

nice!(219)  コメント(18)  [編集]
共通テーマ:旅行

白川郷から飛騨高山まで 北陸旅行-8

「白川郷(岐阜県)」から「飛騨高山(岐阜県 高山市)」の紹介です。 本年(’18年)のGWに相方と2人で2泊3日のツアーで北陸旅行へ訪れた時の3日目の紹介となり、前回の「白川郷(岐阜県) 北陸旅行-7」からの続きとなります。 
前回も紹介させて頂きましたが、「白川郷」に訪れるのは今回で2回目となり、前回は冬(’16年2月)そして今回は新緑の季節に訪れることができました。


白川郷(岐阜県) 
白川郷(岐阜県)
荘川に掛る吊り橋 「であい橋」を渡り「白川郷」に別れを告げます。

白川郷(岐阜県)であい橋 
白川郷(岐阜県)であい橋
「白川郷」で購入したお土産です。岐阜県 飛騨市の「蒲酒造場」さんの「白真弓」と言う日本酒です。

岐阜県 飛騨市 蒲酒造場 白真弓
季節限定品とのことで、このような言葉には弱いです。

岐阜県 飛騨市 蒲酒造場 白真弓
「飛騨高山」に向かう途中「まつりの森(岐阜県 高山市)」で昼食(ツアーに含まれています)を頂きました。
「まつりの森(岐阜県 高山市)」には「高山祭りミュージアム」(有料)が併設されており、祭り屋台や世界一の大太鼓を展示しているそうです。 時間の関係でこちらには立ち寄ることはできませんでしたが、2階の食事処で昼食を食べました。

まつりの森(岐阜県 高山市)高山祭りミュージアム まつりの森(岐阜県 高山市)
「飛騨牛」や「飛騨とらふぐ」を食べる事ができました。海の無い飛騨の山の中で、「ふぐ」?と思われるかもしれませんが、飛騨のミネラル豊富な地下水と空気で養殖されているとのことです。
 飛騨牛 飛騨とらふぐ
1階ではお土産物屋さんであ、「秘密のケンミンショー」で「岐阜県民熱愛グルメ」として紹介された「明宝ハム」も販売されていました。

秘密のケンミンショー 明宝ハム 
「まつりの森」を後にして「飛騨高山」はもうすぐのようです。

飛騨高山
「高山本線」の「高山駅(岐阜県 高山市)」の前を通過しました。

高山本線 高山駅
「飛騨高山」に到着です。「白川郷」の中のお店でも見かけましたが、この辺りは「飛騨牛」関係の飲食店が多いように思いました。

飛騨高山
本年(’18年)のGWに訪れた「北陸旅行記」は数回に渡り紹介させて頂きますので、今後とも宜しくお願い申し上げます。

nice!(223)  コメント(16)  [編集]
共通テーマ:旅行

白川郷(岐阜県) 北陸旅行-7

「白川郷(岐阜県)」の紹介です。 本年(’18年)のGWに相方と2人で2泊3日のツアーで北陸旅行へ訪れた時の3日目の紹介となり、前回の「片山津温泉 ホテル北陸古賀乃井(石川県 加賀市) 北陸旅行-6」からの続きとなります。 
「加賀温泉郷」のひとつである「片山津温泉(石川県 加賀市)」を出発して「白川郷」に到着しました。
白川郷は1995年に五箇山(相倉地区、菅沼地区)と共に合掌造り集落として、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されたとのことです。
「白川郷」へ訪れるのは今回が2回目となり前回は今(’18年)から2年前(’16年)の2月でした。その時、訪れることができず、今回是非訪れたかったのは「白川郷」が一望できる「城山展望台(荻町城跡展望台/城山天守閣展望台)」です。
文字が良く読めない写真で申し訳ないのですが、位置関係は以下の地図のようになります。右下の黒丸がツアーバスの駐車場所となりそこから橋(であい橋)を渡り「白川郷」に入ります。真ん中上の青丸から坂道を上り左の赤丸の「城山展望台(荻町城跡展望台/城山天守閣展望台)」に行くことになります。
ツアーなので「白川郷」の滞在時間が60分となり、そこまでの往復が可能か気になっていたのですが、添乗員さんから大丈夫と言われたので訪れて見ることにしました。


白川郷(岐阜県)」
「城山展望台(荻町城跡展望台/城山天守閣展望台)」に行くのを第1優先とし、合掌造りの建物の中を少々急ぎ足で進みました。

白川郷(岐阜県)
先ほどの地図の青丸箇所から坂を上っていきます。

白川郷(岐阜県)城山展望台(荻町城跡展望台/城山天守閣展望台
このような感じの坂道を上っていきます。

白川郷(岐阜県)城山展望台(荻町城跡展望台/城山天守閣展望台)
徐々に高度が上がっているのがよくわかりました。

白川郷(岐阜県)城山展望台(荻町城跡展望台/城山天守閣展望台

白川郷(岐阜県)城山展望台(荻町城跡展望台/城山天守閣展望台
「城山展望台」からの眺めです。展望台は隣接して「荻町城跡展望台」と「城山天守閣展望台」と名前は異なりますが、ほぼ同じような景観が眺められます。

白川郷(岐阜県)城山展望台(荻町城跡展望台/城山天守閣展望台白川郷(岐阜県)城山展望台(荻町城跡展望台/城山天守閣展望台
新緑の綺麗な季節でしたが遠くには雪山も見られ「白川郷」を一望できる素晴らしい展望台でした。
標高は100m位のようです。

白川郷(岐阜県)城山展望台(荻町城跡展望台/城山天守閣展望台
季節ごとに色々な表情が見られることと思います。

白川郷(岐阜県)城山展望台(荻町城跡展望台/城山天守閣展望台
先述のように「白川郷」での滞在時間は60分でしたので、展望台からの美しい景色をもう少し見たかったですが、往路と同じ坂道を下って行きました。
尚、展望台までは有料のシャトルバスがありますが、20分間隔の運転(’18年5月現在)となりますので、滞在時間に余裕があればそれも選択肢かと思います。また、シャトルバスは歩くのとは別の道を使い展望台まで行くそうです。

白川郷(岐阜県)城山展望台(荻町城跡展望台/城山天守閣展望台
雨降りであれば展望台に行くのはあきらめたと思いますが、お陰様で天候にも恵まれましたので、念願の展望台から「白川郷」を一望することができました。かなり急ぎ足で展望台までの道を歩きましたので、時間に多少余裕ができましたので、合掌造りの建物を見ながら駐車場にもどりました。

白川郷(岐阜県)
大きな建物も素晴らしいですが、このような小さな合掌造りの建物も雰囲気を出していると思いました。

白川郷(岐阜県)
以下、写真の羅列となっていますが新緑の美しい「白川郷」を堪能できました。

白川郷(岐阜県)
DSC05462 e01
DSC05450 e01 
DSC05478 e01
ズームでの撮影となりますが、正面の山の中腹に人が集まっているのが見られますが、そこが、今回訪れた「城山展望台(荻町城跡展望台/城山天守閣展望台)」です。左側が「荻町城跡展望台」、右側が「城山天守閣展望台」だと思います。

DSC05473 e01
前回、「白川郷」に訪れたのは今(’18年)から2年前(’16年)の2月でした。そのときは展望台には行けませんでしたが、冬の「白川郷」を楽しむ事ができました。

その時のブログ記事です: https://bonsan-memory.blog.so-net.ne.jp/2016-03-18

「白川郷」を後にして、今回のツアーの最終訪問地である「飛騨高山」に向かいました。

本年(’18年)のGWに訪れた「北陸旅行記」は数回に渡り紹介させて頂きますので、今後とも宜しくお願い申し上げます。

nice!(217)  コメント(14)  [編集]
共通テーマ:旅行

片山津温泉 ホテル北陸古賀乃井(石川県 加賀市) 北陸旅行-6

片山津温泉 ホテル北陸古賀乃井(石川県 加賀市) 」さんの紹介です。 本年(’18年)のGWに相方と2人で2泊3日のツアーで北陸旅行へ訪れた時の2日目の紹介となり、前回の「東尋坊(福井県 坂井市 三国町) 北陸旅行-5」からの続きとなります。 
東尋坊を後にして、2日目の宿泊先である「加賀温泉郷」のひとつになる「片山津温泉(石川県 加賀市)」に向かいました。
途中、北陸本線を走る普通列車をツアーバスの車窓から見られました。カメラに内蔵されているGPSで調べたところ、北陸本線の「大聖寺駅(石川県 加賀市)」付近だったようです。

北陸本線 大聖寺駅(石川県 加賀市)付近
ホテルに到着です。一般的な温泉宿の部屋と言った感じです。

片山津温泉 ホテル北陸古賀乃井(石川県 加賀市)
窓の外から見られるのは「柴山潟」です。夏には湖上の台船から打ち上げられる花火大会もあるそうです。

柴山潟(石川県 加賀市)
眼鏡で有名な福井県 鯖江市にある「加藤吉平商店」さんの日本酒「梵(ぼん)」です。東尋坊の土産物屋さんで購入しました。 「梵(ぼん)」は、私のブログのタイトルともあっている感じです。

加藤吉平商店 梵
楽しみな夕食です。 バイキング形式ではなかったのでゆっくりと頂く事ができました。

片山津温泉 ホテル北陸古賀乃井(石川県 加賀市)
夕食を終えてホテルの外にでて見ました。

片山津温泉 ホテル北陸古賀乃井(石川県 加賀市)
片山津温泉 ホテル北陸古賀乃井(石川県 加賀市)
外は暗くまた少々寒かったので、散策すること無く部屋にもどりました。

片山津温泉 ホテル北陸古賀乃井(石川県 加賀市)
温泉にも入り、「片山津温泉」の夜は更けていきました。 宿泊した部屋からの夜景です。

片山津温泉 ホテル北陸古賀乃井(石川県 加賀市)
明けてツアー3日目、最終日となります。

片山津温泉 ホテル北陸古賀乃井(石川県 加賀市)
朝カレーは無かったですが、朝食はバイキング形式でした。

片山津温泉 ホテル北陸古賀乃井(石川県 加賀市)
「片山津温泉」を後にして「白川郷(岐阜県)」に向かいました。「柴山潟」の対岸から宿泊したホテルが見られました。青い三角屋根が2つあるのが特徴的なのですぐわかりました。

片山津温泉 ホテル北陸古賀乃井(石川県 加賀市)
途中、北陸自動車道の「小矢部川サービスエリア(富山県 小矢部市)」でお手洗い休憩をとり、「白川郷」に向かいました。

北陸自動車道 小矢部川サービスエリア(富山県 小矢部市)
雪残る山と日本の里山のような景色を眺めながら進んで行きます。

白川郷(岐阜県)
「白川郷(岐阜県)」に到着です。

白川郷(岐阜県)
「白川郷(岐阜県)」は次回紹介させて頂きます。

本年(’18年)のGWに訪れた「北陸旅行記」は数回に渡り紹介させて頂きますので、今後とも宜しくお願い申し上げます。


片山津温泉 ホテル北陸古賀乃井

片山津温泉 ホテル北陸古賀乃井

  • 場所: 石川県 加賀市 片山津温泉 ア5
  • 特色: 柴山潟の湖畔に建つ当館、伝統と純和風の趣を持ち、お客様をおもてなしの心でお出迎え致します。


nice!(220)  コメント(17)  [編集]
共通テーマ:旅行

東尋坊(福井県 坂井市 三国町) 北陸旅行-5

東尋坊(福井県 坂井市 三国町)の紹介です。本年(’18年)のGWに相方と2人で2泊3日のツアーで北陸旅行へ訪れた時の2日目の紹介となり、前回の「永平寺(福井県 吉田郡 永平寺町) 北陸旅行-4」からの続きとなります。 
永平寺を後にしてツアーバスで東尋坊に向かいました。
途中、「越前そばの里(福井県 越前市)」で休憩を取りました。こちらは武生製麺さんが運営されていて食事処や売店だけで無く、そば打ち体験を始めとした各種体験や工場見学もできる施設とのことです。

越前そばの里(福井県 越前市)
「越前おろしそば」の顔ハメがありました。

越前そばの里(福井県 越前市)
東尋坊に到着です。駐車場からの道には多くの飲食店やお土産物屋さんが並んでいました。
私は初めて訪れたのですが、予想以上に観光地化している印象を受けました。

東尋坊(福井県 坂井市 三国町)
東尋坊限定のTシャツとのことです。

東尋坊(福井県 坂井市 三国町)
日本海の荒波に削られた断崖絶壁が約1km続き、最も高い場所で約25メートルの垂直の崖との事です。

東尋坊(福井県 坂井市 三国町)
今から約1,200 - 1,300万年前の火山活動で、冷え固まってできた火山岩が、日本海の波による侵食を受け地上に現れたそうです。これほどの規模を持つ安山岩の柱状節理は世界に3箇所(他は韓国の金剛山、ノルウェーの西海岸)だけで、国の名勝・天然記念物に指定されています。

東尋坊(福井県 坂井市 三国町)
東尋坊(福井県 坂井市 三国町)
右に見える島は「雄島(おしま)」は越前海岸の中で1番大きな島とのことです。

東尋坊(福井県 坂井市 三国町)
見事な柱状節理の景観を見ることができました

東尋坊(福井県 坂井市 三国町)
東尋坊(福井県 坂井市 三国町)
東尋坊(福井県 坂井市 三国町)
今回はツアーのため時間の制約があり利用できませんでしたが、観光遊覧船で海から東尋坊の景観を眺めるのも楽しいかと思いました。

東尋坊(福井県 坂井市 三国町)
こちらにも訪れることはできませんでしたが、「東尋坊タワー」となります。海抜100メートル、地上55メートルの展望台となり、展望2階からは白山連峰をはじめ眼下には東尋坊・雄島・越前海岸などが一望できるとの事です。

東尋坊タワー(福井県 坂井市 三国町)


東尋坊を後にして、2日目の宿泊先である「加賀温泉郷」のひとつになる「片山津温泉(石川県 加賀市)」に向かいました。
3日目は「白川郷(岐阜県)」、「飛騨高山(岐阜県)」を巡り東京に戻る旅程となっています。

本年(’18年)のGWに訪れた「北陸旅行記」は数回に渡り紹介させて頂きますので、今後とも宜しくお願い申し上げます。

nice!(225)  コメント(21)  [編集]
共通テーマ:旅行
-  |  次の10件 »
Copyright © ぼんさんの記憶帳 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます